更新情報            
Go back to Intermezzo

ページの内容は著作権で保護されています。他サイトへの転載、リンク無しの引用など、著作権に抵触する行為はおやめください。リンクは自由 です。

ロ短調ソナタの迷宮 : 1st ed. 改訂版 (2015.9.16)

1. 楽曲とその特異性

2. 版の問題(楽譜)

3. 録音史

4. 評価方法

5. ディスコグラフィ・リストとレイティング

6. ブラインド・リスニングによるレビュー

7. 結局のところ、推薦盤は?

8.
謝辞、参考文献

1.楽曲とその特異性

リストのピアノ・ソナタロ短調という曲は、昔からピアニストや聴き手に解決不能の命題を突きつけてきた。この作品を標題音楽とみなすべきか、あるいは純音 楽とみなすべきか。三楽章様の構 成を持つソナタと捉えるべきか、あるいは単一楽章の幻想曲と捉えるべきか。数多くのテーマと提示部、展開部、再現部の関係はどのようなものか。ライトモ チーフは何を 意味するのか。何より、リストは30分のミクロコスモスの中で何を表現しようとし、何を成し遂げたのか.................。

こういった事を知るには、まずは楽譜を読み、過去の演奏を聴くのが手っ取り早いのだが、事はそう簡単ではない。ピアニストでリスト研究家のレスリー・ハ ワードによれば、この作品の初版楽譜にはいくつもの記載ミスがあり、しかも古くからの慣習によって、不適切に演奏されつづけているのだという (Edition Peters/Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011)。

その一例が低いGから始まる冒頭8小節目の跳躍音型で、コルトーやホロヴィッツの影響で、多くのピアニストが最初のGを強音で弾く。ハワードは、 このGは本来ならば弱音であるべきで、フォルテは次の小節の高いGから始まるべきだ、と断言する。テーマが9小節目から始まるからだ。ハワードは、数多く のピアニストがこういった細かな「誤り」を様々な箇所で犯 し、楽譜に書いていないテンポの増減、音符、強弱を不適切に加えている、と手厳しい。そして、ハワードは最後のBは単音の最低音で無ければならず、初版楽 譜に従ってオクターブで弾く数多くの演奏は間違い、とする。

とすれば、現在発表されている数多く の録音から学ぶことはないのだろうか。確かに、楽譜にあるリストの意図を 知っておくことは、全てのピアニストにとって重要だ。しかし同時に、楽譜至上主義に走りすぎると、リストの本質を逃してしまう恐れがある。というのも、他 ならぬリ スト自 身が偉大な即興演奏家であり、演奏に当たっては楽譜をそれほど重要視しなかった、という事実があるからだ。

それでは、何に準拠してこの曲を理解すれば良いのだろうか。一応、この作品は構造らしきものをもってはいる。シューベルトの「さすらい人幻想曲」 や、ベートーヴェンの第九交響曲の第四楽章のように、単一楽 章の緩いソナタ形式の中に、複数の楽章様のセクションを織り込んでいくというスタイルだ(これについては、ケネス・ハミルトンの名著がある)。このソナタ 様構造を意識する事が一つの手がかりともなる。その一方で、その構造と形式は厳密なものではないことも指摘しておかねばならない。それどころか、この曲は 一種の 標題性を持った幻想曲である、と解釈できる余地さえある。

形式があると同時に、幻想曲的な曖昧さをあわせ持つ、という複雑な性格のために、このソナタにおいての表現の自由度は高くなっている。少なくと も、演奏家サイドからはそ のように捉えられてきており、古今東西、多種多様な解釈、演奏スタイルがとられてきた。当然、滅茶苦茶に弾いていいわけではなく、ピアニスト達は、素描の 状態に色づけを行い、全体を設計し、説得力ある作品を完成、提示することを要求される。これは簡単な話ではなく、自分自身でアーティキュレー ション、デュナーミク、アゴーギグ、ペダルの「正しい」組み合わせを膨大な選択肢から選び、曲を構築し、全体的な統一感を持たせなければならない。もし、 演奏家の音楽 性や能力が水準に達しない場合、欠点や問題点があらわに曝され、最悪の場合は全体のバランスが崩壊する。この一点で非常に恐ろしい作品と言えるかもしれな い。

2. 版の問題(楽譜)

この曲の初版楽譜は Breitkopf und Härtel, n.d.(1854)からのものである。現在ではいくつかの誤りが指摘されており、完全には推奨できない。1924年のda Mottaによる旧全集のBreitkopf版では誤りは修正されているものの、da  Mottaの版も自筆譜とは若干異なる変更が見られる。推奨できるのは、2011年にレスリー・ハワードが編纂したペータース版Edition Peters/Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011)で、巻末の注釈に、リスト本人が1984年に弟子のSzendyに指示した書き込みが含まれている。ただ、これは自筆譜に準拠した版なので、 後年、リストによってなされた変更や指定が全て含まれているわけではない(詳しくはここを参照)。RamannによるLiszt-Paedagogiumが晩年のリストの意図を知るのには役立つだろう。

自筆譜版には、例えばペダルや速度指 定がない。そのため、実際的な演奏に使う版を持つことは有用である。20世紀に入り、ピアニスト達によって、強弱、速度、ペダルなどの変更、追加がなされ た版が多く作られてきた。ザウアー、ジョセフィ、フリードハイム、ダルベール、コルトーらの版が残されており、現在、筆者はニレジハージ版を制作してい る。ニレジハージ版、ザウアー版は、Paedagogiumに書かれた晩年のリストの意図を取り入れているところもあり、その点からも興味深い。


3. 録音史
作品の最も古い録音は、1906年の Hupfeld companyによるArthur Friedheimや、1913年のWelte productionにおけるEugen D'Albertによるものになる。残念ながら、これらはお世辞にも完成度が高いとは言えないピアノロール録音で、通常録音としては、1929年のアルフ レッド・コルトーの録音が世界初録音になる。それ以降、膨大な数の録音が なされてきた。

かつて英Gramophoneが発行していたInternational Piano Quarterlyのディスコグラフィによると、99年の段階で240録音が確認されている。それから15年が経っており、新旧ピアニスト達の公式録音 に加え、数多くのライブ音源、ビデオが登場している。未発表録音を含めれば、現段階で1000を超える録音が存在していると考えられるが、その全貌はわ かっていない。一応、いくつかの「名盤」「定盤」が存在してはいるものの、批評家達のほとんどは、実はディスコグラフィをきちんと把握しているわけでない から、そういった評価に別段の意味は 無い。


4. 評価方法

ブライン ド・レビューイングは、これからの音楽批評のス タンダードにすべきだ。ワインの評価と同様、演奏もブラインドの状態での評価を行わねば公平な評価は望めない。演奏家名、レーベル、そういった情報 を完全に排除 し、純粋に演奏内容のみで評価を行うべきだ。それがアイドル路線に走っている音楽業界を多少なりとも健全化し、才能ある若い演奏家が出るチャンスをつく り、保守化したリスナーを覚醒させるのではないだろうか。

この観点に基づき、レビュー方法は以下のブラインド方式で行った。


1. 演奏家名を隠した状態で複数の音源をランダムに並べる。音源の数は多ければ多いほどよい。
2. 演奏家名を隠したまま、ブラインドでリスニングを行う。
3. ノートをつけ、レビューを纏める。レイティングを行う。

4. 演 奏家名を明かした後で、必要な情報を加えてレビューを完成。


レイティングについては、やはりブラインド・リスニングに基づき、以下のようにA-Eの範囲で評点した。あくまで評点は一見してわかりやすくするための目 安で、レビュー内容の方が重要。

A: ディスコグラフィを代表すべき優れた演奏から、さらに印象において際立つ少数の録音。

B: ディスコグラフィを代表すべき優れた演奏。内容の充実度においてAとの差は無い。

C: 積極的な高評価を与えるべき優れた演奏。AやBとの違いは、いくつかの小さな問題の存在、あるいはインパクトの差。

D: 良い演奏、平凡な演奏、アラが目立つ演奏。大多数がここに含まれる。

E: 非推奨。


5. ディスコグラフィ・リストとレイティング

Score: Artist (Recording date, Label)

D: Alfred Cortot (1929/3/29, HMV)
D: Vladimir Horowitz (1932/11, EMI)
D: Earl Wild (1940's, Ivory Classics)
A: Simon Barere (1947/11/11L, APR)
C: György Sándor (1947, Columbia)
D: Vladimir Horowitz (1949/3/21L, Sony)
C: Louis Kentner (1951, English Columbia)
B: Maria Grinberg (1952, Triton)
D: Annie Fischer (1953, Hungaroton)
E: Andor Foldes (1953, DG)
D: Gina Bachauer (1954, HMV)
C: Géza Anda (1954, Columbia)
D: Edith Farnardi (1954, Westmineter)
D: Géza Anda (1955/7/22L, Audite)
D: Lazar Berman (1955, Brilliant Classics)
D: Sergio Fiorentino (1955/6/27, Concert Artist)
C: Alexis Weissenberg (1955, Lumen)
C: Ernst Levy (Marsten, 1956)
E: Leonard Pennario (1958, Capitol)
C: Lev Blassenko (1958, Melodiya)
C: Alfred Blendel (1958, Vox)

D: Leon Fleisher (1959/12, Sony)
D: Alexander Uninsky (1959/5/1, Melo)
D: Tamas Vasary (1959, DG)
C: Van Cliburn (1960L, VAI)
D: Jorge Bolet (1960, Everest)
B: Vladimir Sofronitsky (1960/10/11, Melodiya)
D: Emil Gilels (1961/10/10L, Melodiya)
C: Emil Gilels (1961/10/24L, Eclipse music group)

C: Clifford Curzon (1963/9/19, Decca)
D: Gunner Johanson (1963, Album 3)
D: Mirka Pokorna (1964, Eterna)
E: Arthur Rubinstein (1965/4/19, RCA)
A: Sviatoslav Richter (1965/5/18L, Palexa)

E: Jeanne Marie Darre (1965, Vanguard Classics)
D: Julian Von Karolyi (1965, Orbis)
D: Sviatoslav Richter (1966/6/21L, AS Disc)
D: Emil Gilels (1966/7/20L, Music and Arts)
D: Sviatoslav Richter (1966/7/25L, TNC)
D: Fausto Zadra (1966, Geneve)
D: Tatyana Nikolayeva (1967L, Vogue)
D: Jorge Bollet (1968/1/10L, Berlin)
D: Georges Cziffra (1968/1/30, EMI)
D:
Ivan Davis (1968, Audiofon)
A: Claudio Arrau (1970/3/19, Philips)
D: Arthur Moreira-Lima (1970, Melodiya)
C: Martha Argerich (1971/6, DG)
B: Alexander Slobodyanik (1971, Melodiya)
D: Rafael Orozco (1972, Philips)
C: Nelson Freire (1972, Columbia)
D:
Jorge Bolet (1972/1, AS Disc)
A: Cyprien Katsaris (1973, PIANO21)
D: France Clidat (1974, Véga)
E: Eric Heidsieck (1974, Charlin)
C: Yuri Boukoff (1974, BOURG)
B: Lazar Berman (1975, EMI)
A: Alicia de Larrocha (1975, Decca)
E: Ted Joselson (1975, RCA)
B: Valery Afanassiev (1976, EMI)
D: Claudio Arrau (1976L, Music & Arts)
D: Anton Kuerti (1976, Aquitanine)
D: Vladimir Horowitz (1977L)
D: Vladimir Horowitz (1977, RCA)
C:
Claudio Arrau (1977/11L (Tronto) Marston)
D:
Bruno-Leonardo Gelber (1977, EMI)
C: Vladimir Horowitz (1978/3/19L)
D: Terrence Judd (1978L, Chandos)
C: Daniel Barenboim (1979, DG)
B: Alfred Brendel (1981, Philips)
D: Pascal Devoyan (1981, Erato)
C:
Jorge Bolet (1982/9, Decca)
D:
Claudio Arau (1982, Orfeo)
C: Bernard d’Ascoli (1982, Classics for Pleasure)
D: Murray Perahia (1983L, Stanford U)
D: Nicola Economou (1983L, Loft production)

D: Mikhai Pletnev (1984/1, Melodiya)
D: John Browning (1984/9, DELOS)
D: Francois-Rene Duchable (1984, Erato)
D:
Shura Cherkassky (1985/9L, Decca)
D: Shura Cherkassky (1985, Nimbus)
A: Minoru Nojima (1986/12, Reference)
D: John Ogdon (1987L, Briliant Classics)
D: Elisso Vlirsaladze (1987/10/22L)
E: Daria Telizyn (1987, Claudid)

C: Maurizio Pollini (1988/5, DG)
C:
Mikhail Pletnev (1989, DG)
D:
Enrico Pace (1989)
C:
Arnoldo Cohen (1989/7, IMP)
A: Radu Lupu (1990/5/8L, Private)
C: Jenő Jandó (1990, Naxos)
D: Dezső Ránki (1990, Harmonia Mundi)
D: Krystian Zimerman (1991, DG)
D: Ivo Pogorelich (1993, DG)
A: Andre Laplante (1995, ANALEKTA)
C:
Sergio Fiorentino (1997/10, APR)
E: Ronald Smith (1997, APR)

C: Stephen Hough (1999/11, Hyperion)
E: Alexei Sultanov (2000L)
C: Fazil Say (2001/4, Teldec)
C:
Arnaldo Cohen (2003, BIS)
C: Yundi Li (2003, DG)
D: David Fray (2006, ATMA)
E: Polina Leschenko (2007, Avanti Classic)
C: Yuja Wang (2008/7/29L, Medici TV)
E: Garrick Ohlsson (2009, Naxos)
D: Yuja Wang (2009, DG)
D: Hélène Grimaud (2010/9L, DG)
D: Marc-André Hamelin (2011L)
E: Khatia Buniatishvili (2011, Medici TV)
E: Danil Trifonov (2013/1/10L)
6. ブラインド・リスニングによるレビュー

こ の曲の多面性のため、評価が完全に割れるものも多く出てくる。音楽の中の何を重視するかで評価は変わってくるから だ。

筆者においては、音楽の流動性、構成、フレージング、そういったものの合理性を重視している。こ の曲には多様な スタイルでの表現が可能だと思うので、スタイルの是非で評価するのではなく、それぞれのスタイルの中で音楽的な合理性があるか、技術的な水準はどうか、フ レーズ処理、テンポ設定は前後の流れの中で適切か、表現は十分行っているか……こういった点を総合的に判断した。ミスタッチに関しては、よほど顕著で演奏 に影響している場 合か、和声や旋律が変わってしまっていない限り、言及はするが特に問題としていない。なお、楽譜については、レスリー・ハワードのペータース版(Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011), Edition Peters)を基準としている。

D: Alfred Cortot (1929/3/29, HMV): アルフレッド・コルトー

冒頭の10小節目にある三連音の下降音型がつぶれてしまっている 事からもわかるように、技術的欠陥が顕著な演奏。比較的あっさりと始まるが、すぐに独特のルバートを駆使しつつ、粘りのあるフレーズでだめ押しをするよう に進行する。音楽 がその場で生成されていくような生々しさがある一方、細部は粗く、そこかしこで地雷を踏んでいる印象。ただ、歌心が豊かで、感情を込めつつ、曲に登場する 多種多様なフレーズに応じた奏法 で聴かせる。。アンダンテ・ソステヌート(331小節)は、右手と左手を微妙にずらしつつ、ルバートをかけて恣意的、大時代的に演奏している。

ディスコグラフィ・リストに戻る
D: Vladimir Horowitz (1932/11, EMI):ヴラディミール・ホロヴィッツ

癖のある弾き方で、大時代的な崩しがある。耳につくベース 音の強調と、少なくないミスタッチ。10小節目から出てくる下降三連符直前のタメが短いのが、この時代のピアニストらしい。105小節Grandioso直前からは粘りのあるリズ ムが登場 し、Grandiosoはしっかりとルバートをかけて歌う。125小節のdolce con graziaからは非常にロマンティックで表情豊か。密やかな空気が良い。バレルのように流麗にフレーズをつなげるのではなく、むしろ、表現上のメリハリ を強調しているのが特徴。自在にテンポは伸縮するが、それが軽く、即興的に行われている印象があり、予めデザインされたという感じではない。フガート以降 も強弱を変えたり、多彩なタッチを使用しており、華麗でピアニスティックに展開。555小節のスフォルツァンドをppに改変している。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Earl Wild (1940's, Ivory Classics):アール・ワイルド

明快で豪快なスタイル。優れたテク ニックで比較的インテンポで進めて行く、表現主義とは対極の演奏。音色の変化はあまり無く、比較的ドライなタッチ で弾かれている。平板な印象を受けるものの、音楽の柄は大きい。激しいところはあっけらかんと、美しい箇所は若干白痴美的。セクションのつなぎも乱暴。技 術的にはよく弾かれてはいるものの、あまり後に残るものが無い演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
A: Simon Barere (1947/11/11L, APR):シモン・バレル

ル バート、急激なテンポ変化、キレのよいテクニック。一言で個性的な演奏。速い箇所は嵐のようなタッチで弾かれる一方、叙情的な箇所のロマンが美しい。全体 的に、テンポ設定が巧みで、セクションからセクションのつなぎによどみがない。

冒頭部のAllegro energicoは快速。ただ、三連符の下降音直前のタメが、あるべき長さよりも若干短く、そこだけせわしない印象を与えている。しか し、全体的には素晴らしい流動性と柔軟性がある。大変優れているのがフレージング処理で、自然な息づかいでテンポが大きく伸縮する。125小節Dolce con graziaも同じように自然に、そして繊細に歌われている。
221小節からのめくるめくような展開も見事で、音楽がもたれず、推進力を 持って進む。重厚さや19世紀的なロマンチシズムよりは、音楽の流麗さを優先しており、そこに感覚の新しさを感じる。アンダンテ・ソステヌート(331小節)はもたれないテンポでリリカルに歌われ、美しく盛り 上がる。フガートは細かなニュアンスをつけつつ、速めのテンポで開始。後はフルトヴェングラー的な怒濤の展開を示す。

全編一本筋が通っているのは、全体が同じポリシーで演奏されているからだと思う。常にある大きなパルスの中で音楽をとらえており、その中で自由に音を舞わ せ、し かもフレーズとフレーズの切れ目に矛盾が無い。どの瞬間をとっても、ピアニストがピアノと格闘した痕跡が無く、ピアニストの内面から音楽が溢れ出ている。 ディスコグラフィの中では、マリア・グリンベルグとジョルジュ・シャンドールの演奏が似た特性を持っている。

この曲にデモーニッシュなものや、壮大さ、重厚さを求める向きには期待はずれに終わるかもしれない。しかし、全曲の統一感を感じさせる、という点では、こ の演奏は高みにある。


ディス コグラフィ・リストに戻る
C: György Sándor (1947, Columbia):ジョルジュ・シャンドール

この演奏の最大の特徴はテンポとフ レージング。自由自在。Allegro energicoは快速に弾かれているが、大きなフレーズの力学の中で音楽を作っており、強拍と弱拍が明快になっている。そのため、速いテンポでも彫りの深さが失われてい ない。叙情的な箇所でも同じで、常にフレーズからフレーズのつなぎが意識されている。演奏者自らの呼吸と共に音楽が息づいてることで、急激なテンポ変化で も音楽が自然さ を失わない。細部の仕上げには粗いところもあるし、後半は若干弾き飛ばされている感もある。だが、豊かな歌心、わき上がる感興、めくるめくような展開には 独自の魅力がある。フルトヴェングラー的な一面を持つ演 奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Vladimir Horowitz (1949/3/21L, Sony):ヴラディミール・ホロヴィッツ

デモーニッシュな演奏で、ところどころオクターヴを加えるなどの改変を加えている。10小節目の下降三連符のリズムは良く、引き締まっているが、この音型が何度か繰り返される際にはリズムの崩れがある。ダイナミックレンジは巨大で、中間部はアルペッジョを多用した大時代的な奏法で盛り上げている。ミスタッチは多く、指がもつれた り、記憶喪失に陥る瞬間が2-3箇所ある。フレーズが変わってしまっているのは愛嬌として、 なんと290小節からいきなり313小節まで飛んでしまう。フガートはゆったりと始まるが、徐々に加速。555小節のスフォルツァンドをppに改変している。非凡さを感じさせる箇所も多いが、この夜は全体的にピアニストの集中力、忍耐力があまり 良くないように感じる。

ディス コグラフィ・リストに戻る
C: Louis Kentner (1951, English Columbia): ルイス・ケントナー

レスポンスの悪そうなピアノの音だ が、演奏は良い。デモーニッシュではないし、圧倒的な迫力は無いものの、柔軟なリズムを駆使した、流麗で美しい演奏。ルバート、テンポ変化が自然で無理が ない。技術的にも十分高いものを持っており、内面から湧き出た音楽が、技術的限界に足を引っ張られずにそのまま提示されている印象がある。

ディス コグラフィ・リストに戻る
B: Maria Grinberg (1952, Triton):マリア・グリンベルグ

「柔」の演奏。そこかしこに、ピアニストの卓越 した感覚美とバランス感覚を感じさせる。大きなパルスの中でフレーズとフレーズを連関させ、流麗に音楽 を進行させて行く手法が大変魅力的。耽美的な表現も魅力的で自然。一言で練達の演奏で、フレーズの力学を考えつつ、自然な推進力を与えるセンスの良さは若 い頃のカラヤンに似ている。技術も大変安定している。ただ、時折オクターブの速いパッセージの動きがぎこちない箇所があるのと、ところどころ間違った音 (単純なミスタッチには聴こえ ない)を弾いており、和声が変わってしまっている箇所が2-3カ所ある。細かい事を言わなければ大変高レベルの演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Annie Fischer (1953, Hungaroton):アニー・フィッシャー

調律のせいか、楽器のレスポンスがあ まり良く無い。演奏は明快なスタイルで、フレーズの力学にそってきちんと弾かれている。ルバートやペダルは節度 を持って使われている。叙情的な箇所はしっかりしたタッチでストレートに歌い上げているのがユニーク。ピアノの奏法に大きな変化がないせいか、複雑な構造 を持つ楽曲であるにも関わらず、全体の統一感が失われることがない。ダイナミックレンジは広くなく、フガート以降は技術的に洗練されているとは言いがた い。フガートまでならCに値する。

ディス コグラフィ・リストに戻る
E: Andor Foldes (1953, DG):アンドール・フォルデシュ

若干芝居がかかっているテンポ変化。 オクターブを軽いタッチで弾いている。フレーズ処理が適切でなく、ブツブツとフレーズが途切れるのと、音楽の大 きさが出ていない。125小節dolce con graziaも軽い。良く考えられて弾かれているように聴こえない。快速の箇所も音の彫りが浅く、細部も弾き飛ばされている。アンダンテ・ソステヌート (331小節)は じっくり弾いているが、急激なテンポ変化に必然性があまり感じられないのは、やはりフレーズの起承転結の処理に問題があるから。フガート以降も音の表面を なぞっているだけ。技術的、音楽的の両面で水準以下の演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Gina Bachauer (1954, HMV):ジーナ・バッカウアー

ストレートな弾き方。極端なルバート をかけず、穏やかな表情。音色や奏法の変化は少なく、メリハリにはかけるものの、安定した技巧を駆使した華麗な 美しい演奏ではある。壮大な箇所も過不足なく盛り上げており、叙情的な箇所も清澄。フガートも適度に力が抜けており、快適。ただ、非日常的な空気、デモー ニッシュな雰囲気は無いため、場所によっては緊張感に欠ける箇所も無いではない。

ディス コグラフィ・リストに戻る
C: Géza Anda (1954, Columbia):ゲザ・アンダ

調律がわるいのか、ぼやけたレスポン スの悪い音。快速のテンポ、軽めのリズムで開始。Allegro energicoの前半でフワーッと音楽が盛り上がるのが印象的。3連符の下降音の前のタメが短い。表情が濃く、153小節cantando expressivoではかなり粘っている。表情のメリハリをかなりはっきりつけているが、不自然な感じはしない。スピード感もある。足りないのは迫力、 キレ、強靭な打鍵で、これは意図して避けられている面もあるし、技術的なものもあるかもしれない。フガート。スピード感があり、技術 的にも安定している。叙情的な箇所ではやはりじっくりとテンポを落としているが、弾きぶりにはロマン主義ではなく、醒めた視点が感じられる。若干手慣れた 印象はあるし、軽すぎる箇所もあるが、完成度は高い。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Edith Farnardi (1954, Westmineter):エディト・ファルナディ

冒頭からテンポの変化がある。10小節目の三連符 の下降 音型のタメ、キレはあまりよくない。技術は水準以上だが非力のようだ。フレーズ処理はうまく、105小節Grandiosoも壮大さがあって良い。テンポ変化は激し いが、変化が自然で感興と密接にリンクしているので違和感が無い。125小節dolce con graziaはフレーズ処理が巧みで、流麗ですこぶる美しい。緩急のメリハリは非常によくついているが、若干極端すぎる感も無いではない。アンダンテ・ソ ステヌート(331小節)はたっぷりとしたルバートをかけ、静かに歌っている。フォルテッシモの箇所でも音量は上がっていないが、音楽の大きさは出てい る。フガートは速め。 フガート以降では音楽が流れすぎている箇所もあり、垂直方向の強さみたいなものが欲しい。この箇所は軽すぎる。グランドスタイルからは対極で、デモーニッ シュな側面はあまり無いものの、叙情面を中心に様々な魅力を持つ演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Géza Anda (1955/7/22L, Audite):ゲザ・アンダ

リズムやアクセントに独特の鋭さを感じさせる。速めのテンポの中で、かなり細かく表情をつけている。醒めており、タメはあまりつけず、比較的インテンポで スピード感を保ったまま進行。これといった特徴は無いし、若干手慣れた印象はあるものの、キレのよい高い技術と骨格のしっかりとしたリズムによって、演奏 に説得力は与えている。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Lazar Berman (1955, Brilliant Classics):ラザール・ベルマン

残念ながら、演奏を楽しむ以前にピアノの音にエッジが効いておらず、レスポンスが悪くてぼやけた印象。その変わりに柔らかい雰囲気があり、叙情的な箇所の 深沈たる表現も良い。スピード感も十分あるし、音楽的にも充実しているようなので、もう少しピアノが良く調整されていれば、と思う。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Sergio Fiorentino (1955/6/27, Concert Artist):セルジオ・フィオレンティーノ

技術のキレは非常にある。主部は細か くテン ポを変えていて、基本的に覚醒された意識で行われた演奏。重厚な音を出すピアニストではないが、フレーズのアーティキュレーションを工夫することで重厚感 をだそうと試みているようだ。急激なテンポ設定も、あらかじめデザインされたもので、内面の発露という感じはしない。151小節cantando espressivoも美しく高潔に歌ってはいるが、感情移入のレベルは低い。アンダンテ・ソステヌート(331小節)の後半になって、やっと人間らしい 感情の動きを感 じさせる。技術的にきわめて完成度が高いが、常に高所にいて地に下りてこないような、醒めた視点が気になる。タイプとしては、1960年代のベネディッ ティ=ミケランジェリに似ているかもしれない。

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Alexis Weissenberg (1955, Lumen):アレクシス・ワイセンベルグ

冒 頭から表情が濃い。三連符の下降音直前のタメはあまり長くない。ただ、技術のキレは凄まじい。強烈なタッチとスピード感。デモーニッシュでダイナミック。 引き締まってお り、強弱のメリハリが強く、彫塑的かつ隈取りをしたような表現。大時代的なアルペジオ奏法、派手なオクターヴ奏法、凄まじい速度…どこかに豪腕を誇った 20世紀前半のヴィルトオーゾたちの体臭を感じさせるところがある。フレーズやテンポ設定はかなり自由で、即興性を感じさせる一方で、それらに音楽的な不 自然さがない。壮大な箇所でも豪快かつ繊細に歌っている。外面的効果に傾いた演奏ではあるが、自在で豪快なヴィルオジティには感嘆せざるを得ない。た だ、記憶違いと思われる弾き間違いをいくつもしているのが気になる(例えば、84小節の左手のG♭FE♭D♭を、G♭FED♭と弾いてしまっている)。

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Ernst Levy (Marsten, 1956):エルンスト・レヴィ

癖の有るフレージング。ベース音の強 調。意 図的に異様な空気を導入しようとしているかのようで、急激なテンポ変化やアクセントがややあざとく、芝居がかかっており、若干子供っぽい印象さえある。フ ルトヴェン グラーというよりはバーンスタイン的。ただ、技術レベルは水準以上で、タッチは強烈、細部まで明快かつ華麗なタッチで弾いている。アンダンテ・ソステ ヌート(331小節)は、たっぷりと遅いテンポで、ほとんど止まりそうになる。美しく弾かれている一方、緊張感の糸が若干途切れている感もある。 105小節Grandiosoから は唐突に加速されるが、ルバートや加速に必然性をあまり感じず、失われたもの、見逃されたものの多さが残念。フガート。タメを作るようなリズム。この箇所 は技術的にはクリーンとは言えないが、独特の推進力はあってクライマックスへのもっていき方には説得力がある。ペダルを深めにかけ、ルパートを繰り出しな がら展開する様相は実にデモーニッシュで、この曲の一面を捉えている。好みが分かれる表現主義的演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る

E: Leonard Pennario (1958, Capitol): レオナルド・ペナリオ

折り目正しく始まり、主部は乾いた音 色でペダル控えめに進行。録音の問題もあるが、音色や奏法の変化はほとんど感じられない。あまりにストレートあっけらかんと弾いているので、この曲にある 憂愁の影みたいなものがほとんど感じられない。メリハリにも欠けており、全編、同じ調子で弾かれている。技術的にも、音楽的にもつたなさを感じさせる演 奏。美点を上げるとすれば、全編に漂う優しさだが、果たしてこの曲に優しさがどれだけ必要だろう?

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Lev Blassenko (1958, Melodiya): レフ・ブラセンコ

開始部はペダルを深く踏み込み、和音 を濁らせる。全体的にフレージングに緊張感があり、独特の粘りがある。タッチが粗く、強音を引っぱたく傾向があるものの、音楽の大きさと迫力はよく出てい る。125小節のdolce con graziaのタッチも洗練されているとは言えないが、歌い回しに真摯でロマンティックな味がある。その後の展開もゴツゴツしている。331小節アンダン テソステ ヌートは夜の空気は良い。フガートは中庸のテンポで始まり、劇的に展開。Grandiosoではスピードを落とし、メゾフォルテでルバートをかけて演奏し ているのがユニーク。クライマックスはがっちりとしたタッチで盛り上げている。粗いタッチ、内省的なアンダンテソステヌート、骨太の和音など、リヒテルに 似ているところがあるが、さらにそれを無骨にした印象。

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Alfred Blendel (1958, Vox):アルフレッド・ブレンデル

折り目正しく、細部まで明快なタッチで弾いている。覚醒していて落ち着いた演奏だが、力感とキレもあり、迫力も十分ある。Grandiosoで突然テンポ をあげるのが違和感あり。cantando espressivoも明るい音で美しく歌っているが、ロマンティックという感じはせず、感覚美の世界。激しくなる箇所でもどこか醒めた視点を感じる。ア ンダンテ・ソステヌートもクリアなタッチで淡々と、速めのテンポで弾かれている。この箇所は若干教科書的。フガートは速いテンポで開始。その後の劇的表現 においても安定した技術でしっかり弾いている。平均点レベルの高い演奏ではあるが、これ、というインパクトに欠ける。全体に一本筋が通った、モダンな感覚 に基づいた完成度の高い演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Leon Fleisher (1959/12, Sony):レオン・フライシャー

速めのテンポ。一貫して軽く乾いたタッチで淡々と弾かれている。小気味よく小綺麗ではあるものの、それ以上のものが聴こえないのは、曲への共感不足か、あ るいは彼の限界か。曲の大きさ、深さは感じられない。良い点は曲の流動感で、これは彼のフレージングに矛盾が無い事を示している。技術レベルは高い方だと は思うが、オクターブの動きでは若干破綻している箇所もある。全体的に全てが軽すぎる印象。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Alexander Uninsky (1959/5/1, Melo):アレンクサンドル・ユニンスキー

ショパン・コンクールの覇者。目の詰 まった 柔らかい音と、オクターヴのミスタッチの多さから、手の大きくないピアニストだった事が想像される。三連符の下降の前のタメが十分でない。安定したテク ニックでインテンポで淡々と演奏とされて おり、整然とした印象が残る。上品ではあるが、教科書的で面白みは無い。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Tamas Vasary (1959, DG):タマシュ・ヴァサーリ

プレトニョフ以上に醒めた視点と乾い たタッ チ。柔らかいピアノの音で点描的に描く。Grandiosoに至るまでの雰囲気の作りかたはなかなか巧いが、105小節Grandioso自体はしらけ気 味で、タメ がなく、力強さに欠ける。全体的に生気に欠け、老人が弾いているかのような印象さえ受ける。331小節アンダンテ・ソステヌートの夜の音楽の感じはいい。 フガートも チョッピーなタッチだが生気に欠ける。ジャズ演奏家のような新らしい感覚を持っていて、今ならECMから出そうなユニークな演奏だとは思う。だが、犠牲に されたものがやや多すぎるかもしれない。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Jorge Bolet (1960, Everest):ホルヘ・ボレ

冒頭から快速のテンポ。小気味がよく、スト レートに弾いている感じ。全体的に軽く、スピード感を重視しており、この曲のダークな側面は出していない。タッチも軽く、音楽の彫りが深い印象はない。 アーティキュレーションの選択も十分でなく、時折「軽すぎる」フレーズ処理が気になる。感情移入も十分でない。125小節dolce con graziaもさらりと清澄に弾かれている。アンダンテ・ソステヌート(331小節)の柔軟な弾きぶりは良い。全体的にピアノの音が柔らかいせいもある が、切れば血のでる ようなフォルテが無く、ハイドンやモーツアルトなどの古典作品を聴いているような印象をもつ。若干物足りない。

ディス コグラフィ・リストに戻る

B: Vladimir Sofronitsky (1960/10/11, Melodiya):ヴラディミール・ソフロニツキー

癖の有るリズムとアクセント。メフィスト フェレス的な主部。105小節Grandiosoにもルバートがかかっており、壮大で、かつ緊張感が保たれている。125小節Dolce con graziaも濃厚。速度記号、強弱ともに楽譜の指示から逸脱しており、独自色が非常に強い。楽譜に無い大胆なルバート、急激なテンポ変化、轟音のような フォルテッシモ、清冽な抒情が交錯する。表現主義的、19世紀的で、一つ一つのフレーズの表情が濃く、強烈な存在感を持って響く。表現が極端から極端に走 るため、時におどろおどろしく響く箇所も少なくないのだが、もし、この曲を表題性をもった幻想曲として捉えるならば、これは十分アリ、そう言 えるだけの音楽の完成度と説得力がある。楽譜の指定を無視し、自己流に激しく崩していても、音楽言語として間違ってはいない。ただ、フガート以降では崩れ が見られる。不安定な弾き方は半ば意図的だとは思うが、技術的限界からくる要素も多分にあるようだ。もし、これに巨人的な技量が伴っていれば、他を圧す る演奏になっていたかもしれない。

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Van Cliburn (1960L, VAI) : ヴァン・クライバーン

モスクワでのライヴ。癖のあるフレー ジングで始まる。かなりミスタッチは多い。ダークでデモーニッシュな空気に溢れており、全曲を通じて示される独特のねちっこいフレージングと、粘り気のあ るリズムには説得力がある。フレーズはしばしば引き延ばされているが、ピアニストの呼吸に伴ってそれが行われているので、決して緊張感が途切れるようなこ とがな い。125小節dolce con graziaは濃厚に歌われている。Allegro Energico come primaも同様に粘る。非常に個性的な演奏だが、恣意的であるとか、わざとらしいという印象は受けなかった。むしろ、自分の感性に忠実に弾いており、そ の意味では真摯で一本筋が通っているし、しかも音楽的にも優れていると感じた。フガートは遅いテンポで始まり、遅いまま粘るように盛り上がる。ブラインド で聴いた時、叙情表現にニレジハージ的なものを強く感じたので、どんな鬼才ピアニストかと思ったらクライバーンの名前が出てきて驚いた。彼はこの時、既に 独自の境地にあったようだ。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Emil Gilels (1961/10/10L, Melodiya):エミール・ギレリス

ストレートで豪快な打鍵。ライブとい うこと でミスタッチが多いが、たんなる不注意から来るもので、技術的にはフガートの一部を除いて安定している。叙情的な箇所でも内省的な表現よりも、感覚美を追 求しているようだ。リヒテルほどデモーニッシュでなく、ソフロニツキーほど情念に流されておらず、常に覚醒している。ある意味、近代的なスタイ ルが確認できる演奏だが、個人的にはあまり強く印象に残る演奏ではなかった。

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Emil Gilels (1961/10/24L, Eclipse music group):エミール・ギレリス

覚醒した意識で弾かれた、がっちりと した演奏。技術的にはケアレスミスが多いものの、フレーズの力感も十分で、壮大さにも欠けていない。叙情表現も美しく、爽やかなロマンチシズム。その後も スピード感と安定感を保ちつつ、余裕を持って展開。フガートでは指がもたつく瞬間はあるが、安定感は変わらず、強靭なタッチでクライマックスを作ってい る。若干手慣れた印象はあるものの、バランスが良く、力強い演奏。10/10のモスクワ録音よりも音像が大きい分、印象が若干よい。

ディス コグラフィ・リストに戻る

C: Clifford Curzon (1963/9/19, Decca):クリフォード・カーゾン

剛直かつ謹直な演奏。ベートーヴェン的。節度を保ちつつ、細部まで明確に弾いており、奏者の意思の力を感じる。常にコントロールが効いている覚醒した演奏 ではあるが、叙情的な箇所ではかなり思い切ったルバートをかけており、右手を左手をずらしてひくなどの大時代的な奏法も取っていて面白い。独特のリリシズ ムを醸し出している。タッチの種類は多彩で、楽曲に変化をつけている。技術的には非常に安定しているが、オクターヴがよく濁るのと、オクターヴの速いパッ セージが弾けていないことがある。フガートは安定した開始するが、682小節からのPrestissimo前後はかなりミスタッチが増えてし まっているのだが、ライヴでも同じミス(例えば、686小節の右手の最初の音をD#ではなくDで弾いている)をしているので、どうも楽譜の読み間違いをし ているらしい。前半が素晴らしかっただけに、後半の突然の崩れが残念であった。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Gunner Johanson (1963, Album 3):グンナー・ヨハンソン

主部。リズムがあまり良くない。どこ か急ぎ すぎており、タメが無い。技術的な問題がある。ただ、125小節dolce con graziaからの柔軟なフレージングはカルロス・クライバーを思わせて素晴らしい。その後、技術的な問題に引っ張られて、今ひとつテンポが加速しきれな いの が惜しい。また、105小節Grandiosoの箇所では、フレージングが力学的なものに基づいて処理されておらず、曲の大きさが出てこない。これはこれ で音楽とし ての合理性はついてはいるのだが….。フガートは若干せわしない。一部光る箇所はあるが、全体の完成度は低い。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Mirka Pokorna (1964, Eterna):ミルカ・ポコルナ

チェコスロヴァキアのピアニスト。冒頭から非常に速いテンポで、全体的に神経質な印象を与える。ただ、緩やかな箇所ではテンポを落とし、じっくりと丁寧に 歌うのだが、これはいい感じ。ギアが入るとまだ躁状態に入る。全体的に流動性が強く、テンポが劇的に変化する。アゴーギクとデュナーミクが情念と関連して いる印象。大戦中のフルトヴェングラーのライヴから鬼気迫る切迫感を取り去った感じ、とでも言えばいいかもしれない。壮大さとデモーニッシュな味は あまり無い。

ディス コグラフィ・リストに戻る

A: Sviatoslav Richter (1965/5/18L, Palexa):スヴャトスラフ・リヒテル

正 直に書かねばならないが、私にとって、この録音が刷り込みなので、ブラインド・リスニングは全く無意味だし、客観的な評価もできない。ただ、数種類あるリ ヒテルの録音の中で、もっとも燃焼度が高く、迫力があるのは間違いない。冒頭から凄まじい打鍵で異様な世界へと誘う。巨大なダイナミックレンジとスケー ル、疾走するテ ンポ、劇性、ストレートで妥協を許さない表現、気迫、どれも圧倒的の一言。静と動、強と弱を対比させつつ、曲のデモーニッシュな面を強調している。
ただ、ミスタッチは非常に多い。それ でも同時期のリヒテルの他の録音に比べてそれがあまり気にならないのは、演奏の集中力が実際に高いこともあるが、不鮮明で遠い録音も関係しているようだ。 もし、マイクが近かったら異なる印象を持った可能性はある。

ディス コグラフィ・リストに戻る

E: Arthur Rubinstein (1965/4/19, RCA):アルトゥール・ルービンシュテイン

パラパラとした音で淡々と始まる。ペ ダルは 控えめで、音量の変化も控えめ。音色、表情、メリハリ、全てにおいて平均点以下で、漫然と弾いているかのような印象さえ漂う。デモーニッシュな空気はかけ らも無い。全体が同じトーンの音、表現で統一されており、叙情的な箇所でも厳しい箇所でも音色が変わらない。今の若手が出したら酷評されただろう。

ディス コグラフィ・リストに戻る

E: Jeanne Marie Darre (1965, Vanguard Classics): ジャン・マリー・ダルレ

ゆったりと重厚に始まる。技術的な限 界によって演奏が影響されているのが明らか。音が飛ぶ箇所になると、明らかに間があいてしまうため、音楽の流れが停滞する。153小節Cantando espressivoでは止まりそうなテンポで静謐に歌っている。美しいが、遅すぎて緊張感が途切れている感もある。アンダンテ・ソステヌート(331小 節)。美音で丁 寧に弾いているが、盛り上がるところでスタッカートの意味不明なフレーズが登場。フレーズの扱いが巧くない。フガートは乾いた音でゆっくりと弾いている が、たどたどしい。やはりルバートやアクセントの付け方に必然性がない。叙情表現は美しいのだが、それ以外の箇所での不満が大きい。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Julian Von Karolyi (1965, Orbis): ジュリアン・フォン・カーロイ

目の覚めるような金属的な打鍵と乾いた音。スピード感があり、激しさにも欠いていないが、82小節でオクターブのフレーズがなだれ込む箇所のフォルティッ シモは抑制されており、激しい中にもコントロールのきいた演奏であることがすぐわかる。覚醒した意識はそこかしこに見られる。叙情的表現も溺れず、ルバー トも最低限で、かなりあっさりと弾かれている。331小節アンダンテ・ソステヌートもリリカルで、あまり粘っていない。テンポが速い中でもフレーズ処理は 巧みで、フ レーズとフレーズのつなぎに矛盾はない。技術も全てに安定している。フガートも推進力が素晴らしい。クライマックスのオクターブはチョッピーなタッチで、 若干唐突。曲の暗く、デモーニッシュな側面に迫る演奏ではなく、ピアニスティックな側面にのみ光をあてた表面的な演奏とも言える。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Sviatoslav Richter (1966/6/21L, AS Disc):スビャトスラフ・リヒテル

開始から粗く弾き飛ばされている印象。細部が丁寧に弾かれていないのと、和音が汚い。 アンダンテ・ソステヌート(331小節)はじっくり歌っていてよい演 奏。ピアノにマ イクが近いせいか、ミスタッチが気になる。後半のデモーニッシュな箇所でエンジンがかかってきたようだ。これはオールドバラでのライブだが、彼のカーネ ギーホールの録音ほどの感銘が無い。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Emil Gilels (1966/7/20L, Music and Arts) : エミール・ギレリス

Allegero Energicoは速いテンポで引き締まっている。ただ、ペダルが長めなため、三連符を含め、オクターブの速いパッセージが濁って聴こえてしまっている。 105小節 Grandiosoはストレートな表現で、大きなルバートもかかっていない。153小節cantando espressivoは柔らかい音でリリカルに歌っている。その一方で、アンダンテ・ソステヌート(331小節)ではコルトー風のルバートと大時代的な奏 法も登場。若干恣意的ではあるが、流麗に美しく歌っている。フガートは快速でやはり流動感を優先して演奏されているが、音楽の骨格は若干弱い。途中、アン ダンテソステヌートの後半部でピアノの弦が切れたような音が入っており、その後右手の高いG音が出なくなっている。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Sviatoslav Richter (1966/7/25L, TNC):スビャトスラフ・リヒテル

非常にゆっくりと始まる。ピアノの調律が良くないのか、音がぼやけ気味のレスポンスの悪いピアノの音。技術的には粗く、最初のAllegro Energecoがせわしなくなっているのと、大きなミスタッチが多い。テンポはあまり変化せず、叙情的な箇所もルバートはかかっていない。 153小節Cantando espressivoは美しい。続くAlegro Energico como primaでスピードを上げるが、オクターブがうまく弾けていない。ただ、その後の展開はスピード感が出ていてよい。レチタティーヴォは力強く、決然たる 響き。アンダンテ・ソステヌート(331小節)は超絶的な空気が支配する。フガートは焦燥感が出ているが、やはり細部は粗い。デモーニッシュかつスケール 大きく展開する。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Fausto Zadra (1966, Geneve):ファウスト・ザドラ

こじんまりとしているが、表情は丁寧で緊張 感の盛り上げ方もそこそこ巧い。技術的はしっかりしているが、強音のエッジはきいておらず、音楽を極限まで追いつめた時の迫力はない。主部は快速で、デ モーニッシュな雰囲気は薄い。音色は柔らかく、音の多彩さにはかける。清澄さはあり、聴いていて一種の心地よさは感じる演奏。一方で、ピアニストがリハー サルで軽く指先だけで弾いているようなサロン的雰囲気が漂う。全体的にあまり軽く弾かれ過ぎているきらいがある。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Tatyana Nikolayeva (1967L, Vogue):タティアナ・ニコラエーヴァ

引き締まった開始。大胆なルバートをかけて いる。ミスタッチは多く、深いペダルのために音の分離があまり良くない。集中力の高い演奏で、フレーズの緊張感を保ちつつ、音楽が力強く進行。ルバートも 理にか なったもの。叙情的な箇所は感情の高揚を感じさせるかのように、美しいフレージングで高らかに歌い上げていて強く印象に残る。ただ、どうやらオクターブの 速い進行はあまり得意でないらしく、ところどころスピードに乗り切れないうらみがある。フガート以降では、劇的緊張力を保っているが、やはり技術的な問題 を隠せない箇所が多くある。強弱のメリハリもついており、力強く、確信に満ちた演奏で、音楽的な充実度は高いと思う。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Jorge Bollet (1968/1/10L, Berlin): ホルヘ・ボレ

流麗な演奏。技術のキレはある。フォルテの音はあまり綺麗ではない。音色の変化はほとんど無く、冷たい細身の音色で全編を通している。125小節 dolce con graziaはさらりと歌っているが、歌い回しは巧く、フレーズが次のフレーズに連関している。Allegro energicoではテンポはあまり上がらず、落ち着いたテンポで進行させている。397小節のa tempoの箇所は美しく歌い上げている。ただ、感情があまりコミットした痕跡がなく、ある意味醒めていて、今ひとつ方向性の見えない演奏でもあるが、そ のひんやりとした感性が味なのかもしれない。ところどころ記憶違いがあるようで、間違った音を弾いている。例えば、282小節目の左手のFをF#で 弾いている。フーガも落ち着いたテンポで正確に弾いている。リズム感の良さはあまり感じないが、細部まできちんと折り目正しく弾いているのは好感が持て る。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Georges Cziffra (1968/1/30, EMI):ジョルジュ・シフラ

非常に癖が強く、恣意的で即興的な印象を与 える。アゴーギグ、デュナーミクの設定が若干変わっている。シフラにおいては、快速のパッセージではフレーズに歌心というか、人間味を感じさせないことが 多く、結果的に誰とも異なった演奏になる。普通、息を吸って吐く、腕を振り上げ、降ろす、という人間工学的な理由からフレーズのアーティキュレーションが 決まるのだが、シフラでは、曲によってそれが普通のピアニストよりも前面に出てこず、ただ速いだけ、という場合がある(これは完全に想像だが、そういった 場面でのシフラは、一切呼吸を止めて弾いているか、あるいは呼吸と音楽のリズムが無関係なのではないかと思う)。そういった面がこの演奏でも出ていて、好 き嫌いの分かれるところだ。一方で、叙情的な箇所ではたっぷりとしたテンポで弾いている。濃厚なロマンティシズムではないが、一種の儚さが漂って良い。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Ivan Davis (1968, Audiofon): イヴァン・デイヴィス

フレーズの歌い回しに数小節、時に十数小節に渡る長大なパルスを感じる点で、古い録音、例えばバレルやシャンドールと共通するものがある。このパルスがあ るため、全体に一本筋が通って聴こえる。テンポ変化も自然で、cantando espressivoも微妙なテンポ変化の中で優雅に歌われる。技術的には若干問題がある。205小節、Allegro Energico come primaなどのオクターブの速い動きが得意ではなかったようだ。派手に音を外すのはまだ良しとして、流れが若干停滞することがある。331小節アンダン テ・ソステヌートも後半で激しいテンポ変化で自在に、かつ高らかに歌い上げており、感情移入も感じられる。フガートは速めのテンポで滑らかに始まる。その 後の展開もオクターブ奏法の処理に問題はあるものの、自在なテンポ設定で聴かせている。

ディス コグラフィ・リストに戻る


A: Claudio Arrau (1970/3/19, Philips):クラウディオ・アラウ

冒頭はむしろ軽いタッチで始まるが、徐々に 音楽は熱を帯び、雄大かつ劇的に発展する。叙情的な箇所では溜息が出るような見事なルバートで美しい歌を聴かせる。濃厚に歌いつつ、どんなに遅いテンポで もフレーズに常に大きなアーチが感じられるため、自己陶酔に陥っているように聴こえない。アレグロの箇所でもたっぷりとしたテンポで、タッチも常に強靭な ものを使用してはいない。だが、繊細なタッチで描かれた油彩が全体として巨大な迫力を獲得するように、表現のパレットの多さ、そのテンポにおけるタッチの 適切な使用、アーティキュレーションの設定の見事さ、こういったもの全てがこの演奏を力強いものにしている。終結部の和音も潤いがあってすこぶる美 しい。


ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Arthur Moreira-Lima (1970, Melodiya):アーサー・モレイラ=リマ

ショパンコンクールでアルゲリッチに次いで二位に入ったピアニスト。神経質なイント ネーションで始まる。一筋縄ではいかない、ダメをおすかのような展開。 技術的にはキレがある。ロマンチシストではないようだが、得られる効果については細かく計算をしており、ロマンチックに聴こえるように弾いている。時々顔 を出す奇妙なアクセントやイントネーションを聴いていると、曲に退屈しているか、あまり共感していないのではないかと思う。内面の発露よりも、外面的な効 果に注意を払っていることが伺える演奏。心が揺さぶられない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Martha Argerich (1971/6, DG):マルタ・アルゲリッチ

若干引きずり気味のフレージングで始まる。 技術のキレは申し分なく、細部まで丁寧に弾かれている。どんな難しいパッセージでも余裕がある印象。Allegro Energicoは中庸のテンポで開始し、105小節Grandiosoからは粘りのあるリズムで盛り上げる。叙情的な箇所では粘らず、淡々と弾いてい る。 153小節Cantando espressivoも粘らない。全体の流れがスムーズで、聴いていて心地よい。205小節Allegro energico come primaからはスピード感をまし、めくるめくよう。フガートは落ち着いたテンポで始まる。プレスティッシモからは速い。技術的完成度は高く、華麗、流麗 ではあるが、音楽がスムーズに横に流れているせいか、デモーニッシュな迫力へは今一方。全曲が有機的につ ながっている印象を与える一方、表現上のメリハリはあまり無く、複雑な構成を持つソナタという印象は受けない。どちらかというと、ショパンの前奏曲集を聴 いているようであった。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


B: Alexander Slobodyanik (1971, Melodiya):アレクサンドル・スロボジャニク

陰鬱に始まり、すぐに強烈な打鍵がとって変わる。デモーニッシュで集中力に富む表現。一部、せわしなく感じる箇所もあるが、Grandiosoは壮大で たっぷりと歌っている。音楽を自由に呼吸させ、壮大な箇所ではテンポに十分なスペースを与えているのが特徴。125小節dolce con graziaからは甘さに流れないストレートな歌いぶり。がっちりとしたフレームを維持しながら、クライマックスに向けて音楽を盛り上げて行く。フレーズ 処理 の端々に、弓を引き絞って放った時のような、テンションの緊張と解放、という合理性が感じられる。331小節アンダンテ・ソステヌートはルバートをかけて いるが、濃 厚なロマンティシズムは感じられない。フガートは快速かつ羽毛のように柔軟なフレージングで始まり、劇的に展開。技術はもとより、音楽的にも完成度が高い

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Rafael Orozco (1972, Philips):ラファエル・オロスコ

たっぷりしたフレーズで始まるが、すぐに軽めのタッチになる。中庸の美。円柱のような バランス。テンポ設定、フレージングは適切で音楽に流麗さもある。手 慣れた印象 がマイナスか。タッチの変化は少なく、常に暖かい音色で全曲が統一。技術は安定している。ただ、音楽の大きさは出てきていない。切れば血の出るようなフォ ルティッシモ、ささやくようなピアニッシモが無く、テンポもデュナーミクも安定、中庸に留まっている。標題音楽的ではない。フガートも非常に安定した技術 でフレーズ処理も適切。全ての点で平均点が高いが、若干、安全運転すぎるきらいがあるかもしれない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Nelson Freire (1972, Columbia):ネルソン・フレイレ

小気味のよいテンポとキレのあるテクニック。曲の大きさはなく、こじんまりとしている が、非常に完成度の高い演奏。Grandiosoもフレーズ処理が巧 い。細やかなニュアンスにも富んでおり、知的なピアニストである事がわかる。dolce con graziaではテンポは自由に伸縮し、非常に美しく歌っている。続くオクターヴも軽やかでリズミカル。流麗で華があり、音楽が自然な呼吸に基づいてお り、そして非常に巧い。フガートも軽やかで、破綻を示さない。

欠点としては、表現と感情のダイナミックレンジがあまり大きくないこと。呼吸が短く、憂愁の 影にかけることと、明快な音色と奏法が神秘性やデモーニッシュな空気を醸し出してはおらず、若干サロン的空気が漂う事。それ以外の点での説得力は大きい。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Jorge Bolet (1972/1, AS Disc): ホルヘ・ボレ

あっさりと始まる。テンポは速め。呼吸が若干短く、せわしない印象。もう少しタメがあった方が良い。技術的にはミスタッチはあるものの、安定しており、技 術的なものに演奏が影響されていないのが良い。105小節Grandiosoの大きさも過不足ない。125小節dolce con grazioも丁寧でたっぷりとしたフレージングで美しく、一種の官能性も漂わせる。叙情的な箇所における流麗さに長じており、フレーズとフレーズのつな がりも自然。劇的な箇所ではあるべき瞬間で音が決まらないことがあり、力強さ、壮大さには若干欠けるが、流麗さとスピード感で補っている。281小節の左 手のFをF#で弾いている(Joseffy版による)。363小節は非力さを感じさせる。あまり壮大に響いていない。フガートは快速で、 クライマックスもやはりあっさり弾かれてい る。悪い演奏ではないが、非日常的な空気、彫りの深さのようなものに欠けており、若干のもの足らなさが残る。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


A:  Cyprien Katsaris (1973, PIANO21):シプリアン・カツァリス

キレのある打鍵から、デモーニッシュになだれ込む。メカニックな意味において、歴史上、このピアニスト以上に「巧く弾ける」ピアニストが果たしていただろ うか。単に指が速く回る、ということではなく、全てのレベルでピアノが巧い、という意味で。ここでも冒頭から素晴らしい迫力で音楽が展開。様々なタッチを 駆使しつつ、声部に気を配りながら、音楽を盛り上げて行くやり方が実に巧妙。彼は全体を俯瞰し、構築する指揮者的な視点をもっているようだ。全てのフレー ズが見事に設計されており、それで勢いを失わない。壮大な箇所も見事なフレージングで大きさを出す。125小節dolce con graziaからは粘りのあるフレージングを使ってじっくりと歌っている。まるで綱渡りを渡る芸人のように、ぎりぎりの中で細心のバランスを取りつつ、華 麗、 かつ自由に舞っている。めくるめくような箇所ではチョッピーなタッチを使いながら、スピーディーかつ饒舌に展開。フレーズの力学の中で起承転結をつけるや り方が憎らしいほど巧い。フガート以降も凄まじい迫力でありながら、全てが完璧なコントロールの元にある。その一方で、その表情の出し方にあざとさ、計算 高さも感じさせる。つまり、表現が内面の発露から出てきたようには聴こえない。ピアニスト本人の曲への共感も外面的なものに留まっている。この点で非ロマ ン的、近代的な演奏なのだが、同時に完成度においては恐るべき高みにまで達している。聴いた後、マシンガンで撃たれたかのような感覚が残る。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: France Clidat (1974, Véga):フランス・クリダ

正攻法。マイクがピアノに近すぎる嫌いはあるが、美しく表情豊かなピアノの音色が印象 的。暖かい音色だが、同時に若干金属的な音が混ざる。技術的にも高い ものを 持っていて、キレのあるタッチを堪能できる。骨太の男性的な演奏で、甘さは感じさせない。決してデモーニッシュな演奏ではなく、憂愁の影は薄い。だが、リ ズミカルで華麗で流麗なピアノには独自の魅力がある。細部まで良くコントロールされた演奏。全体的に正攻法のケレンの無い演奏で、125小節dolce con graziaからは、ロマン的表情には乏しいものの、美しいピアノの音で演奏。骨格はしっかりしており、聴いていて安定感はある。

ディス コグラフィ・リストに戻る


E: Eric Heidsieck (1974, Charlin):エリック・ハイドシェック

テンポが速い。最初のクライマックスへ持っ て行くやり方はうまいが、速い箇所の表現はあっさりしすぎている。叙情的な箇所の歌い回しは魅力的で、柔らかい弱音を用いてデリケートで詩的。ただ、タッ チに鋭さが無く、音楽のスケールも小さく、非力。フガートの開始はニュアンスに富んでいるが、全体的にナヨナヨしすぎ、あまりに弱音に寄り過ぎている。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Yuri Boukoff (1974, BOURG):ユーリ・ブーコフ

イーヴ・ナットに師事したブルガリア出身の ピアニスト。国際的な知名度は無いが、少なくない録音を残している。がっちりしたスタイルと明快なタッチ。なにより、正確なリズム感が素晴らしい。よく聴 くとアクセントの付け方が繊細で、そのため、どんな難所でも音楽が不安定になることがない。フガートも安定しつつ、正確なテンポを刻みつつ展開。クライ マックスでも騒がしくなることがなく、節度を保っている。標題的な面、例えば曲のデモーニッシュな面は全く出てこないが、純音楽として力強い。質実剛健、 辛口の名演。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


B: Lazar Berman (1975, EMI):ラザール・ベルマン

暖 かい音色。びくともしない骨格の強さ。いい意味で余裕のあるピアノ。テンポはゆったりとしており、リズムも非鋭角的でフレーズのアーティキュレーションは あくまでなだらかなカーブを描く。雄大であると同時に繊細。静かな叙情もあり、細部まで実に丁寧に弾かれている。抜群の安定感を持ちつつ、音楽がジワジワ と高揚していく。153小節cantando espressiveも美しく自然なルバート。風の中でゆっくり揺れる絹のレースのように、全てのフレーズが連関し、呼応しあっている。205小節 Allegro Energico come primaも落ち付いたテンポだが、内部にエネルギーを矯めつつ盛り上がって行く。そしてまた絹のレース。タッチにおける緩急のメリハリが素晴らしい。ア ンダンテ・ソステヌート(331小節)もこの上ないデリケートなタッチ。ベルマンにはエキセントリックなものを本能的に避けるようなところもあって、音楽 に暴力を加えることなくスケールの大きさと迫力を獲得している。

ディス コグラフィ・リストに戻る


A: Alicia de Larrocha (1975, Decca):アリシア・デ・ラローチャ

力 感あふれる演奏。キレのある強烈な打鍵。全 編を通じて、弓を引き絞る、矢を放つ、というような、緊張とその解放の力学がフレージングに感じられる。そのため、粘りとキレの良さ、音楽の大きさを感じ させる。安定した技術で、全体を俯瞰しつつまとめあげており、そのバランス感覚は見事の一言。細やかなニュアンスをつけつつ、音楽をクライマックスへと盛 り上げて行く。テンポは急がず、じっくりと構えており、演奏のスケールも大きい。叙情的な箇所でももたれず、歌心豊かに、開放的に演奏される。フレージン グ処理も見事で、全てが線として繋がっている印象。フガートは快適なテンポで、適度な重量感を持ちながら進行。一瞬たりとも弾き飛ばされる箇所が無く、細 部まで綿密に弾かれているが、音楽は自然さを失わない。壮大かつ繊細、豊麗で劇的。全てを兼ね備えた名演。

ディス コグラフィ・リストに戻る


E: Ted Joselson (1975, RCA):テッド・ホセルソン

一種、耽美的な空気の漂う演奏。ゆったりと したフレーズで始まる。しっかりとした技術で弾かれているのだが、フレーズの骨格がヤワ。ペダルが深いため、キレがあまりよくない。エッジもきいておら ず、優柔不断に聴こえる。ただ、Grandiosoに向かうメランコリックな感じは悪くない。105小節Grandiosoもヤワなタッチで弾かれてい る。 叙情的な箇所も同じような耽美的トーンだが、これは曲調と合っている。激しい箇所では、慎重になっているのか、耽美主義への傾斜からか、キレがよくなく、 だらしなく聴こえる。テンポの設定に関しては、突然加速する一カ所(アンダンテ・ソステヌート(331小節)の前)を除いて無理が無く、ピアニストのセン スの良さの一端が伺えるのだが、いかんせん、劇的な箇所、壮大な箇所で腰砕けになりすぎる。フガートも生気がない。

ディス コグラフィ・リストに戻る


B: Valery Afanassiev (1976, EMI):ヴァレリー・アファナシェフ

フ レーズのキレ。技術的に素晴らしく、一つ一つの音が鋭く、屹立している。陶酔、甘さ、ロマンチシズムは抑えられている。技巧を駆使しつつ、テンポを伸縮さ せつつ、強い推進力を持って音楽がすすむ。スケールは大きくないものの、ストレートで厳しいピアノには独自の魅力がある。105小節Grandiosoは 快速で迫力 がある。緊張感を保ちながらクライマックスを作る手腕が光る。きらめくような右手のパッセージとスピード感。フガート以降は緊張感、技巧、表現ともに見 事。凝集力の強い演奏。正直、90年代以降のアファナシェフに関しては、とってつけたような思想家のイメージと、奇をてらったようなミスだらけの演奏か ら、勝手に山師だと思っていた。それだけに、ブラインド・リスニングを終えて、若い頃のアファナシェフと知って驚いた。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Claudio Arrau (1976L, Music & Arts):クラウディオ・アラウ

つんのめるような開始部。重低音に比重があ る。Grandiosoからは力強く、壮大。力強い演奏ではあるが、録音があまり良くないせいか、様々な箇所で粗さを感じさせる。前半は若干ばたついてい る印象はあるが、アンダンテ・ソステヌートからは素晴らしく、その静謐な空気は素晴らしい。フガート以降も劇的で、若干粗さはあるものの、聞き応えのある 演奏になっている。


ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Anton Kuerti (1976, Aquitanine):アントン・クルティ(注:非ブラインド・リスニング)

全体的に速めのテンポで軽快に明るく弾かれている。録音が非常に近いせいか、グレン・グールド的な明快さと覚醒した意識が感じられる。テンポ、ダイナミズムの設定も極めて個性的かつ意識的で、感情の赴くままに弾かれたという印象がない。叙情的な箇所はたっぷりし たテンポで歌われているものの、根底には表現主義的なものよりも、あくまで分析的で緻密な計算がある。技術的なレベルは高く、キメの細かいタッチを 駆使しつつ、ほとんど破綻がない。

一方で、感情面で余裕がありすぎるというか、音楽が計算がされて弾かれすぎている印象はある。ところどころ、音楽が芝居がかかってしまう箇所も少なくな い。Grandiosoでは強音でのフレーズのタメが少ないため、音楽にスケールの大きさは感じられない。その一方でタイトなリズムとスピード感は感じら れる。フーガはディスコグラフィでも最 速の部類。ただ、フーガでは音楽が流れすぎており、鬼気迫る迫力が出ていない。異端、という印象を受けた演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Vladimir Horowitz (1977, RCA):ヴラディミール・ホロヴィッツ

デモーニッシュかつロマンティックな演奏。 強烈なフォルティッシモ。ただ、技術的には粗さがあり、速いパッセージにおける音のムラ、音が飛ぶ箇所での、運動性能の問題から来るタメがかなり顕著に なっている。ところどころ、リズムの硬直が見られる。しかし、曲の襞を拡大したかのような濃厚で先鋭的な解釈には惹かれるものがある。555小節のスフォルツァンドをppに改変している。なお、ホロヴィッツ には同時期のライヴが複数あり、それらの方がよりコミットした白熱の名演を展開しており、リズムの硬直も見られない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Bruno-Leonardo Gelber (1977, EMI):ブルーノ・レオナルド・ゲルバー

冒頭の弱音からニュアンスが細やか。遅めのテンポで細部まで明確なタッチで弾いている。几帳面な性格のピアニストのようだ。タメやルバートをあまりつけ ず、インテンポで進行する。うまくコントロールをしており、破綻の要素が無い一方で、安全運転的で表現の意外性に乏しく、ミステリアスな空気のかけらもな い。叙情表現、劇的表現もほどほどで、踏み外さない。表現やタッチをギリギリまで追い込んで検討した痕跡が無く、全体に均一な、日常的な空気が漂う。 331小節アンダンテ・ソステヌートはゆったりとしたテンポで歌っているが、ロマンティックではないし、感情移入が感じられない。フガート。軽いのはかま わないのだが、若干上滑り気味。技術的には申し分ないし、良く弾けている演奏なのだが、まったく心をゆさぶられる事の無い演奏であった。ある意味、音大生 的。

ディスコグラフィ・リストに戻る


D: Vladimir Horowitz (1977L):ヴラディミール・ホロヴィッツ

ひどく癖のある弾き方。テクニックが粗い。 デモーニッシュでグロテスク、ニレジハージ的な演奏。ニューロティックな不安感が通奏低音のように全編を支配し、表現と強弱のダイナミックレンジは恐ろし く広い一方、ひっぱたきすぎて単調になっている嫌いがある。リズムの硬直も若干ある。ホロヴィッツだから許される演奏かもしれない。555小節のスフォルツァンドをppに改変している。アン・アーバーでのライヴ。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Claudio Arrau (1977/11L (Tronto) Marston) : クラウディオ・アラウ
       
強靭な開始。アクセントやルバートに癖がある。技術的な粗さも若干あるが、それ以上に長年の癖から来るマンネリズム的な弾き崩しがある。表現のダイナミッ クレンジは大きく、重低音を強調した弾きぶりは迫力があって壮大。多彩なタッチを駆使しつつ、劇的な表現を行っている。アンダンテ・ソステヌートのロマン も美しく、フガート以降はスピード感があって素晴らしい迫力。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Vladimir Horowitz (1978/3/19L, Private):ヴラディミール・ホロヴィッツ

鋭 い打撃で始まる。ダイナミックレンジが大きく、凄まじい迫力と表出力がある。dolce con grazia、cantando espressivoも濃厚でテンポも引き延ばされている。アンダンテ・ソステヌートも表現の彫りが深く、美しく、壮大に展開している。フガートも悪魔 的。デュナーミクやアゴーギクは楽譜から完全に逸脱しているのだが、変更が不自然に響く瞬間が少なく、音楽の流れと一体になっている。例えば、ホロヴィッツの録音の中では唯一、555小節のスフォルツァンドをppに改変していない。個人的にはこの箇所をppにする音楽的必然性を感じないので、この判断は好ましい。

テープの状態は悪く、音飛びがある。ア ン・アーバーのものよりも音像が大きく、音自体は明瞭。演奏はRCAのものよりもはるかにコミットしており、リズムの硬直も少なく、良い意味で音楽が流れている。 ミスタッチは数多く、ところどころカオス状態になっている箇所もあるが、演奏の内容は5種類あるホロヴィッツのベストかもしれない。3.19カーネギーホールでの ライヴ。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Terrence Judd (1978L, Chandos):テレンス・ジャッド

ライブということでミスタッチがある。テン ポとフレーズの設計が見事。細部まで計算されている。105小節grandiosoも壮大にして力強い。125小節dolce con graziaのピアノの微妙な音色の変化も良い。331小節アンダンテ・ソステヌートでは美しく歌っているが、タメが若干無いため、曲の大きさが出てきて いない。中 間部で大きなミスをしている。フガート以降、アクセントの付け方が若干神経質で、音楽の大きさは出てきていないが、スピード感はある。全体的に良く弾けて いるが、ライヴのせいもあるのだろうが、びくともしない骨格の強さみたいなものに欠ける。

ディス コグラフィ・リストに戻る


C: Daniel Barenboim (1979, DG):ダニエル・バレンボイム

ピアノの技術は洗練されているとは言いがた く、場所によってはかなり無理をして弾いている感がある。ただ、リズムの骨格はしっかりとしており、表現に筋は通ってはいる。全体的にストレートな奏法 で、フレーズ処理が適切。良いのは125小節dolce Con graziaからで、ここは美しい音色でしっとりと歌っている。フレージングも柔らかく、タッチの種類も多彩。331小節からのアンダンテ・ソステヌート も美しい音色で弾 かれている。フレームをがっちりと決め、ダイナミックレンジをあまり大きく取らず、ペダルを少なめにしたクリアなタッチはベートーヴェンに相応 しい。ただ、技術的な限界のせいか、全体的にこじんまりとした出来になってしまっている。

ディ スコグラフィ・リストに戻る



B:  Alfred Brendel (1981, Philips):アルフレッド:ブレンデル

中 庸のテンポで、隅々まで良くコントロールされており、バランスが良い演奏。フレーズ処理が巧く、どの箇所でもほどよい緊張感が保たれている。ピアノの音が 目の詰まった美しい響きで、上等のYamahaを思わせる。 表現豊かなので、聴いていて退屈しない。デモーニッシュな側面はあまり感じられないし、曲に内包されている前衛性もあまり表に出てこない。リリカル な美しさが印象深く、どちらかというと初期ロマン派の作品に聴こえる。迫力という点で物足らないかもしれないが、表現意欲に溢れており、音楽としての完成 度はきわめて高い。

ディスコグラフィ・リストに戻る


D: Pascal Devoyan (1981, Erato):パスカル・ドヴァイヨン

キレの良い打鍵と速めのテンポ。明快なタッ チ。技術的に巧い。金属的な音色と、微妙なルバートとあいま り、若干神経質にも聴こえる。テンポ、ルバートの設定が巧いが、フレーズの息が短い。華やかでモダンな感覚を持つ一方、デモーニッシュな味、深みは感じさ せない。重 低音域があまり前面に出てこない、軽く、明るい印象を与える演奏だ。ブラインド・リスニングの段階では女性かと思った。

ディス コグラフィ・リストに戻る


C: Bernard d’Ascoli (1982, Classics for Pleasure): ベルナール・ダスコリ

フレーズと音の響きの扱いに繊細なセンスを感じさせる演奏。テンポ設定が自然で、音楽に無理がない。125小節dolce con graziaや331小節アンダンテ・ソステヌートの密やかな雰囲気が良い。夜の冷涼な空気が流れ込んでくる感じがする。タッチがデリケートで、高らかに 歌い上げるところでも音楽が滞らず、流麗さを失わない。フガートも中庸のテンポを維持しつつ、細部までコントロールが聴いているだけでなく、軽やかなリズ ム感と美しい音色の組み合わせが素晴らしい。派手さはないし、デモーニッシュなものを指向している演奏ではないが、繊細で魅力的な演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る


C: Jorge Bolet (1982/9, Decca):ホルヘ・ボレ

明快なタッチで開始。ペダルは控え め。細かいミスタッチはところどころにあるが、中庸のテンポで細部まできっちりダメを推すかのように弾いてきている。デモーニッシュな空気は無く、スケー ルの大きさとがっしりした構造を前面に出している。ブラームスのソナタを聴いているかのよう。セクションによって奏法や音質の変化を行っておらず、全体の 統一感を出すことを念頭に置いているように聴こえる。そのため、一種の格調の高さはあるものの、曲の多面性を表現することには失敗しているかもしれない。 アンダンテ・ソステヌートも過度に耽美的にならず、覚醒した意識で弾かれている。バランス感覚の良さのようなものはあるのだが、キレとスピード感が今ひと つで、オクターブの上 昇音階で多少もたれることがある。それ以外は、迫力と安定感の両立が聴かれる。363小節も静かに始まるが、美しい音のピアノとともに、音楽は少しずつ熱 気を帯びている。フガートは中庸のテンポ。正確なタッチとは言えないが、安定はしている。その後は力強く展開する。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Claudio Arau (1982, Orfeo): クラウディオ・アラウ

つんのめるような癖のあるリズムを持 つ開始部。明らか に老齢の為にリズムが緩く、キレの鋭さ、力強さ、音量が足りない。その分、音楽の柄は大きい一方、ダイナミックレンジが小さいため、全体が枯れ、平滑にな らされた印象。アンダンテ・ソステヌートは力が抜け、リラックスした美しい演奏。フガート以降はリズムの鋭さが無いため、劇的箇所での骨格がヤワになる問 題がある。衰えたテクニックではあるが、技術上の妥協を巧妙に表現に変えている。そのため、例えばホロヴィッツのようにリズムを硬直させることがなく、そ れどころか流動性を確保しているのは特筆すべき点。自らの技術の衰えに客観的視点を持てているのだと思う。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Murray Perahia (1983L, Stanford U): マレイ・ペライア

非力なのか、ダイナミックレンジは大きくな い。Allegro Energicoはベース音の強調などがあるものの、特に変わったことはやっておらず、普通。音色も変えておらず、淡々としているが、一方で枠を飛び出さ ない 安定感はある。153小節Cantando espressivoの前後からエンジンがかかってきたのか、表現がよりコミットするようになり、ダイナミックレンジの幅も若干大きくなる。叙情的な箇所 の方が良いようだ。劇的表現が要求される箇所では、ペダルを深めにかけているせいで、オクターブの速いパッセージが緩く、音がつぶれてしまっている。難し いパッセージをペダルで逃げる印象。代わりに流麗さはあるが、もう少し垂直方向の彫りの深さが欲しいところがある。アンダンテ・ソステヌートには感情移入 が感じられ、俄然、音楽が生き生きとしてくる。フガート以降も、抒情的な箇所は相変わらずすばらしい一方、劇的な箇所での骨格の弱さが目立つ。この箇所 でははっきりホロヴィッツ的な迫力を指向しているのはわかるのだが、このピアニストはホロヴィッツのような音の鋭さや表出力を持っていない。抒情表現のみ 印象的。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Nicola Economou (1983L, Loft production):ニコラ・エコノム

ライブの緊張感はあるが、若干ひっぱたきすぎており、細部が粗い。ミスタッチは多い。呼吸が短く、フレーズのアーチの保持が十分ではないため、旋律がせわ しなくなる箇所がある。105小節Grandiosoの直前も直裁的に弾きすぎているし、Grandiosoでも大きさが出てきていない。ただ、125小 節 dolce con graziaや331小節アンダンテソステヌートのピアノは美しく、密やかな空気が良い。叙情表現に光るものがある一方、全体的にデモーニッシュな箇所で 力が入りす ぎている。劇的な演奏ではあるので、好む人はいると思う。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Mikhail Pletnev (1984/1, Melodiya): ミハイル・プレトニョフ

非常に遅いテンポで始まる。理知的で分析 的。技術レベルは高い。異様な空気だが、フレーズなどは予めデザインされており、その異様さが人工的なものから来るのがわかる。Grandiosoは長大 なクレッシェンドで雄大。点描的な手法は面白いが、遅すぎて緊張感が途切れている箇所もある。125小節dolce con graziaは打って変わって耽美的。所々の急激なテンポ変化に必然性が感じられず、演奏家があまり共感を抱いていない印象を抱かせる。331小節アンダ ンテソステ ヌートも遅く引き延ばされたテンポで弾いているが、ロマンチックではない。一転してフガートは快速で始まる。テンポが激しく変化するため、機械的な印象は 無いが、感情の動きのようなものはやはり感じられない。テンポ、タッチ、強弱の変化があまりに恣意的で不自然。こうでなければならない、という説得力に欠 ける。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: John Browning (1984/9, DELOS):ジョン・ブラウニング

ベース音や内声部の強調。冒頭の下降三連符 に細 かいクレッシェンドをつけたり、アルペジオを上から下に弾いたり、レチタティーヴォの和音をppで開始するなど、楽譜に無い変更を加えており、人と違った 事をやろうという姿勢が伺える。技術的には質が高いものの、ところどころ、オクターブの音が飛ぶところでタメる癖があり、それが若干、キレの悪い印象を与 えている。アンダンテ・ソステヌートは個性的なルバートが支配するが、ここはロマンが美しい。過ぎ去った過去を振り返るようなノスタルジックな味わいがあ る。和音の中の特定の音だけを強調することがあり、その是非はともかく、ずいぶんと変わった響きに聴こえる箇所がある。フーガも細かい表情をつけ つつ進行し、唐突なffが登場したりする。そういった変更は常に成功としているとは限らない。面白い演奏ではあるが。

ディスコグラフィ・リストに戻る


D: Francois-Rene Duchable (1984, Erato): フランソワールネ・デュシャーブル

速めのテンポでリズミカルに始まる。情念の発露や内面の爆発というよりは流麗さ、華麗さを前面に押し出した演奏。Grandiosoもルバートもかけずに 至ってストレート。テンポ設定やフレージングは適切なのだが、弾き方が軽いせいか、あまり全体の構成や前後のつながりを考慮されず、その箇所での感覚的な 美しさ、という観点からのみ弾かれている印象がある。レチタティーヴォ(306小節)で、D-♭E-D-C-DをD-♭E-D-#C-Dと誤って弾いてい る。技術的にはハイレベルで、快速テンポの中でも、オクターブの機動性、フガートの安定感、快速パッセージのキレ、どれも素晴らしい。ただ、音色 や奏法の変化はほとんど無く、彫りの深さや感情表現の多彩さに欠ける。363小節から音楽が壮大になる箇所では、普通、ピアニストはわき上がる感興ととも に、ルバートをかけて付点の動きを強調するのだが、ここではそのままストレートに歌っている。こういった弾き方を聴くと、もしかしたら、あまり曲に共感し ていないのかもしれない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Shura Cherkassky (1985/9L, Decca):シュラ・チェルカスキー

ゆったりと開始するものの、17小節 目から激しいテンポ変化を見せる。ただ、リズムのキレが無く、不必要なタメをつくるため、ところどころ、流れが停滞する。弾き崩しも多く、それがあざと く、必然性を持って聴こえないことがある。テンポ変化も非常に恣意的で、まるで酔っぱらいが弾いているかのようだ。技術的にも問題が多く、指がもつれる箇 所も少なくない。レティタティーヴォも慌ただしく弾かれる。アンダンテ・ソステヌートは美しい箇所はあるが、緊張感を欠き、全体に間延びしている。フガー ト以降も問題は同じで、奇妙なタッチの選択がある上、技術的に心もとない。一つだけ興味深かったのが、546小節の左手の内声部のEフラットから始まる旋 律。45小節では単に和音として聴こえる箇所の再現部なのだが、ピアニストはメランコリックな旋律として聴かせている。これはこの演奏以外では聴こえたこ とが無かった。デモーニッシュで非常に効果的だと思う。ただ、全体的には奇妙な演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: Shura Cherkassky (1985, Nimbus): シュラ・チェルカスキー

スケール大きく始まる。リズムは鋭く なく、三連符下降音のタメも短い。柔軟なフレーズを繰り出しつつ緩やかなアーチを描きつつ、曲を作り上げている。奏者の年齢か、技巧派ではないのか、リズ ムやテクニックのキレはあまりよくなく、ペダルもかなり深くかけられている。音楽の緊張感は高くなく、穏健な表情の演奏で、タッチは暴力的になることがな く、Grandiosoも穏やかな表情。125小節dolce con graziaはあっさり気味に過ぎ、自然に左手のスタッカートの部位に入る。セクションとセクションの奏法の差異は小さく、メリハリがあまり無い一方で、 セクション同士のつながりは自然。cantando espressivoではメロディをダメを押すように弾いているのが特徴的。個々のセクションにおいて、表情が全体の連関の中で決定されているのではな く、その場で感興で決定されているように聴こえる。281小節の左手のFをF#で弾いている(
Joseffy版による)。363小節から は早いテンポで通り過ぎる。音楽の大きさが犠 牲にされているだけではなく、フレーズ処理も不適切で力感、緊張感が失われてしまっている。フガートは中庸のテンポで始まる。やはり奏者の技術的な衰えの ようなものを感じさせ、リズムの硬直があるだけでなく、力強さ、絶対的な音量に欠く箇所が散見される。奏者が曲に共感している事は疑いなく、感興の高まり は感じられるのだが、前後の脈絡と関係がないテンポ設定には疑問が残る。

ディス コグラフィ・リストに戻る

A: Minoru Nojima (1986/12, Reference):野島稔

表 現主義の対極にある、モダンな感覚の演奏。そして技術、フレージング、音色、どれも素晴らしい。全編にわたってアーティキュレーションが見事にデザインさ れていて、技術的にも音楽的にも非の打ち所がない。細部まで徹底的に磨き上げられている。全編にみなぎる力感と、程よいスピード感、叙情表現における清冽 な表情と珠玉のような音色。フガートは中庸のテンポで始まるが、羽毛のようなリズムがベースにあるため、遅い感じがない。心地良い安定感を保ちつつ、曲が クライマックスへと向かう。若干クリーン過ぎる印象はあるかもしれないが、ディスコグラフィの中でも屈指の完成度を持つだけでなく、オーソドックスなアプ ローチから言っても、この曲の規範の一つとな る名演。一つ付け加えると、リファレンスレーベルによるクリアで残響豊かな録音も素晴らしい。

ディス コグラフィ・リストに戻る

D: John Ogdon (1987L, Briliant Classics):ジョン・オグドン

遅いテンポで弛緩している。 Allegro energicoからは速めのテンポだが、コントロールが十分ではなく、細部がきちんと弾けていない。リズムの鋭さにもかける。Grandiosoは粘っ ており、大きさが出ており、この箇所からは演奏の説得力が出てくる。Cantando Espressivoは速めのテンポで開放的に歌っているのがユニーク。技術的にはかなりこころもとなく、205小節のAllegro Energico come primaのオクターブの上昇音階はテンポがもたれているし、指回りが不明瞭になる箇所が多い。アンダンテソステヌートの後半での感興の高まりがよく反映 されており、テンポが激しく動くものの、この箇所においては説得力がある。フガートは中庸のテンポ。若干混濁する箇所があるのと、やはり細いパッセージが きちんと弾けていない。555小節からは深いペダルの中で洪水のようなソノリティを作っており、これは効果的。やはり、技術は痛々しく、クライマックスで はフレーズが弾けずに崩壊してしまっている。

ディ ス コグラフィ・リストに戻る


D: Elisso Vlirsaladze (1987/10/22L):エリソ・ヴィルサラーゼ

表現主義への強い意欲は感じられるが、ペダ ル、音量やフレーズのコントロールが十分出なく、若干締まりの無い印象。105小節Grandiosoへの盛り上げ方も性急で、ピアニストの忍耐の無さみ たいなもの を出してしまっている。153小節Cantando Espressiveの箇所では美しく歌っている。続くAlergo energicoもダンパーペダルを深く踏んでおり、やはり締まりに欠ける。スピード感は素晴らしいし、思い切りの良さは感じられるのだが。331小節ア ンダンテソ ステヌートは開放的に歌っていて美しい。フガート以降は、やはりペダルの問題がある。常に踏んでいるため、音が濁り、キレが悪くなってしまっている。 179小節など、独特の色彩感に感心する箇所もないではないが、全体的には欠点の方に耳がいく演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る


E: Daria Telizyn (1987, Claudid): ダリア・テリツイン

全編を通じて強烈なルバートをかけている が、あまり音楽的な必然性は感じられず、どちらかというと単に指がもつれたように聴こえる。鋭いリズムが全て丸くされ、拍節感は曖昧になっている。音が飛 ぶ箇所、タッチが変わる際などで必ず「タメ」が入るのだが、それが音楽的なものというよりは技術的なものからくるため、一種のマンネリとして聴こえる。フ ガートでは突然スピードをあげるが、意味不明のゼリーのようなタッチ。緊張感とキレにかけるのみならず、内面から溢れ出るものをあまり感じさせない緩い演 奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る


C: Maurizio Pollini (1988/5, DG):マウリッツイオ・ポリーニ

劇的緊張感に満ちた開始部。中庸の速さ、 そしてインテンポで進行する。この曲の多面性に踏み込んでおらず、同じようなタッチで全編を弾いているのが特徴。音楽の恰幅は大きく、余裕のあるテンポで フレーズに十分なスペースを与えているものの、そのテンポを音色や表現の多彩さで埋めるという事はしておらず、いたってストレート。打鍵は大変力強く、恰 幅も良く、ピアノが物理的に「良く鳴っている」印象がある。125小節dolce con graziaからは若干ぶっきらぼうで、ピアノの音は美しいものの、感情の動きは感じられない。一方で、がっちりと構築されたフレームの中で安定して音楽 が流れる安心感はある。331小節アンダンテ・ソステヌートもぶっきらぼうで、甘さがない。良い意味でも悪い意味でも、男性的でモダンな演奏。フガートは 乾いた音で ゆっくりと始まり、グールド風に展開し、徐々に力強さを獲得する。不調が多かったポリーニの80年代以降の録音の中では成功している。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Mikhail Pletnev (1989, DG): ミハイル・プレトニョフ

遅いテンポだが鋭角的。美しいがロマンは無い。無感情で無機質、正確無比で乾いたタッチから繰り出される音楽は、ある意味、ポゴレリッチよりもグールド 的。叙情的な箇所でも溺れることがなく、点描的な手法を崩さない。全体で見るとかなり変わった演奏ではあるのだが、532小節のトリルの箇所を除いて流れ の中で唐突であったり、不自然であったりすることはあまりなく、やっている事には筋が通ってはいる。ただ、曲への共感は見えず、白けたような視点が受け付 けない人も多いだろう。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Arnoldo Cohen (1989/7, IMP): アーノルド・コーエン

明快なタッチでキレのよいテクニック。細身の金属的な音色。ペダルは控えめ。テンポは速い。Grandiosoへの盛り上げ方は乾い たタッチでおこなって いる。引き締まっている。Cantando Espressivoも適度なルバートで清潔感のある歌いぶり。感覚的な美しさもあり、タッチは細部まで磨き上げられている。野島やブレンデルと同じ路線 の、モダンで理知的な演奏だが、わき上がる感興も感じられる。スピード感もあり、オクターブの速い動きも小気味よい。アンダンテ・ソステヌートは抑えめの ルバートで清澄だが、後半はかなりの弾き崩しがある。フガートは中庸のテンポで、時計のリズムのように無機的に開始するが、すぐにテンポがあがり、音楽も 熱気を増す。デモーニッシュではないし、スケールは大きくない。だが、現代的な先鋭さを感じさせる秀演。

ディス コグラフィ・リストに戻る


A: Radu Lupu (1990/5/8L, Private): ラドゥ・ルプー

スケールが大きく、ゆったりとしたテンポで始まる。どういう理由か不明だが、他の誰とも異なる和音の響きが聴かれる。音の混ぜ合わせ方が官能的。 Allegro Energicoには非常に粘りのある弾き方をしており、不協和音の感じがよく出ている。テンポとしては遅いのだが、私が聴いた中でも最もデモーニッシュ で劇的な展開を見せている。Grandiosoもスケールが巨大で茫洋としているが、緊張感が保たれている。Allegro Energico come primaは非常に劇的で、重戦車のようなたたずまいの中、轟音のようなfと清らかなpが交錯する。印象としては、録音状態も含めて、ニレジハージの「波 間」に近い。アンダンテ・ソステヌートも珠玉のような音色で始まり、素晴らしいソノリティでたからかに、そしてスケール大きく歌い上げている。感動 的という点では、ディスコグラフィでも一、二を争う。フガートは中庸のテンポで始まる。細かなニュアンスをつけており、歌心を感じさせる。その後の展開も 轟 音のようなフォルテとともに壮大。様々なタッチを駆使しつつ、巨大なクライマックスを使っている。ミスタッチは多いのだが、録音が遠いこともあり、ほとん ど気にならない。

追記)残念ながらプライベート録音であるため、一般には入手できない。だが、素晴らしい演奏なので、将来、どこかのレーベルから出る可能性も見越して挙げ ておく。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Jenő Jandó (1990, Naxos): イエネ・ヤンドー

リズムを刻みつつ、若干遅めのテンポで折り 目正しく始まる。明快で屹立した音。105小節Grandiosoの力感に不足はない。理知的なアプローチで、テンポ、フレージングはあらかじめ設定され ているよう に聴こえるが、完全に醒めた演奏というわけではなく、控えめながらノスタルジーを感じさせる箇所もある。特に何かが突出しているわけではないのだが、高潔 で、知情意のバランスがとれており、音楽に無理がない。フガートは中庸のテンポで始まる。良く聴くと細部まで細かいニュアンスがついている。全体的にピア ニストの知性と繊細な感性を感じさせる良い演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D: Dezső Ránki (1990, Harmonia Mundi):デジュー・ラーンキ

正攻法。デモーニッシュではないが、安定し た技術で隅々まで丁寧に弾かれており、完成度が高い。耳につくのはリズムの正確さ。時計のように正確なリズム感覚があるようだ。たっぷりとした音。フレー ズも自然なアーチの中でなされている。331小節アンダンテ・ソステヌートはソフトペダルを用いた柔らかい音色で美しく演奏されている。ただ、ロマン ティックかとい うとそうでもなく、感情移入は感じられず、美しさが感覚美的なものに留まっているような気がする。フガートもルバートはあるが、基本は正確なリズムで弾か れている一方、タッチにエッジが無く、音の強靭さや感情のコミットメントを感じさせず、生気のない印象を受ける。美しいが醒め過ぎ。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Krystian Zimerman (1991, DG):クリスティアン・ツイメルマン

しっかり準備された事が伺える演奏。この演 奏のメカニックな完成度の高さは、カツアリスを別にすれば最上級で、キレも迫力も素晴らしい。モダンな感覚に裏打ちされた演奏で、情に溺れない、覚醒した 意識が伺える。楽譜の指示に基本忠実で、アゴーギク、デュナーミクを非常に細かく設定してお り、様々なルバートを行っているのだが、それらがあくまで「デザイン」に留まっており、それが表現としての緊張感、力強さにつながっていないことがある。 例えば、 130小節や132小節のフレーズに指定されたスタッカート。このスタッカートに従わないピアニストは多いが、ツイメルマンはきちんと従う。だが、直前の 125小節dolce con graziaでの感情移入とppが不十分なため、このスタッカートが野島稔のように必然性をもって響いていない。このように中途半端に指示通り弾く のであれば、むしろ指示に従わないやり方の方が「正しく」聴こえる。363小節からの流れも、なぜこんなに無感情に色あせて聴こえるのだろう。この音楽に はもっと高揚感も憂愁の影もあるはずなのだが、ピアニストは楽譜 の指示にとらわれているのか、あるいは表出力、内面の問題か、音符を正確に弾くことに腐心しているだけに聴こえる。フガート以降も素晴らしいメカニック。 しかし、そこに感情の興奮はなく、奔流のよ うな音の流れがあるだけ。様式美としての完成度は非常に高いのだが、聴いていて心がゆさぶられることが無い。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Enrico Pace (1992, Private):エンリコ・パーチェ

キレの良い演奏。インテンポで細部まで丁寧に弾いている。教科書的で、楽譜をそのまま音にした印象。表現も技術も過不足なく、あるべきところに音がある。 良い演奏だが、それ以上の強い印象はない。

ディスコグラフィ・リストに戻る


D: Ivo Pogorelich (1993, DG):イーヴォ・ポゴレリッチ

遅めのテンポの 中、軽いタッチと強烈でエッジのきいたフォルテを交錯させる。金属的で若干耳障りの する、無機質な音と機械的な奏法。中間部の叙情的な箇所は遅いテンポで弾いてはいるが、どこか醒めており、手法も点描風。流麗さはなく、音楽が停滞する印 象がある。技術的にはハイレベルで、細部まで考えられて弾いているようだが、曲への共感はあまり感じられない。フガートも遅く、点描風のタッチ。一方、場 所によってはリゲティ作品のようなおもむきもあり、面白いと言えば面白い。10人くらい聴いた後に聴い たほうが良い演奏。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


A: Andre Laplante (1995, ANALEKTA):アンドレ・ラプランテ

素 晴らしい安定感と推進力。重心が重く、フレーズはブラームスのようにたっぷりとしており、急がず、クレッシェンドもなだらかなカーブを描いて上昇。迫力と 風格がある。一つ一つの音のポテンシャルも高く、常に緊張感が保たれている。105小節Grandiosoも雄大。125小節dolce con graziaではテンポをぐっと落とす。長大な呼吸のもと、緊張感を途切らさないフレーズ処理が巧み。全てが円環のように繋がっている。タッチと表現のメ リハリがついているのだが、唐突になる事がなく、統一感がある。どこも突き抜けず、軽くも重くもなりすぎず、円柱のバランスを持って音楽が進行。その 一方で決して退屈になっておらず、表現が細部まで良く練られている。決して派手ではないが、よく聴くと繊細かつ雄大、非の打ち所の無い巨匠的名演。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Sergio Fiorentino (1997/10, APR): セルジオ・フィオレンティーノ

重厚で豊麗なピアノの音が良く捉えられた録音が好ましい。遅めのテンポで弾かれており、強い緊張感を持続しながら進行する。音楽の恰幅はゆったりと大き く、小細工をしない巨匠的な余裕がある。音楽のフレームはきっちりしているものの、決して技巧派ではなく、細かなミスタッチがたまに聴かれる。 Gandiosoは壮大。125小節のdorce con graziaはメランコリックで、Cantando espressivoはロマンティックに歌っている。楽譜の指定には忠実ではなく、例えば171小節からは和音をアルペッジョ風に19世紀的に崩して弾い ているのが効果的で、この古めかしいアルペッジョ奏法はそこかしこに登場。197小節にも楽譜にない重低音を加えている。205小節のAllegro Energico Come primaからも急がず、重戦車のような重厚な音でクライマックスへ導く。デモーニッシュではないし、決してスピード感はないのだが、フレージングの緊張 感が保たれているため、だれている感じがしない。アンダンテ・ソステヌートは暖かく、落ちついた世界だが、363小節から雄大に盛り上がる。フガートも遅 い。その後の難所では、若干技術的な粗さを見せるものの、重厚で安定感のある世界は変わらない。ただ、694-95小節の右手は、記憶違いからか全く違う 和音を弾いてしまっているのが気になる。

劇的な箇所では雄大かつ力強く、叙情的な箇所ではまるでピアニストがピアノと対話しているかのよう。確信を持ってこの遅いテンポを保っているのがわかる。 独自の魅力を放つ巨匠的秀演。後半の細部の傷が無ければBかAになるところだった。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


E: Ronald Smith (1997, APR):ロナルド・スミス

あまり緊張感の感じられない冒頭。 Allegro energicoからは乾いたタッチで弾いているが、リズムの硬直が見られる。フレーズの緊張を保つことに失敗しており、覇気にも欠け、ピアニストの老 いっぷりを想像せざるを得ない。叙情的な箇所は悪くないのだが、それでもところどころで根気の失せたようなフレーズ処理が聴かれる。聴くのが辛くなる演 奏。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Stephen Hough (1999/11, Hyperion):スティーヴン・ハフ

キレのあるタッチ、比較的ゆったりとした呼吸で始まる。乾いた音色で細部まで明快に弾いている。タッチのキレは十分にあるのだが、リズム処理に関しては丁 寧で穏健。クライマックスでは多層的に音を重ねて行く。125小節のDolce con graziaやCantando espressivoではテンポをぐっと落とし、音と音の空間を広げている。ロマンチシズムとは違う、点描法的な手法から生み出される独特の静謐感とモダ ンな空気。演奏家の覚醒した意識、知性を強く感じさせる演奏で、タッチや音の出し方に工夫がある。その後の展開は遅いテンポのままだが、フレーズの力感、 技術ともに申し分ない。フガートの演奏もかなり変わっていて、遅いテンポで分析的に弾いている。熱狂とは無縁の世界で、構築性と感覚美が前面に出ている。


ディ スコグラフィ・リストに戻る


E: Alexei Sultanov (2000L):アレクセイ・スルタノフ

きわめてエキセントリック。独特の鋭く乾い た音で、まるで拳で叩き付けるように弾いている。ライヴという事を差し引いても、技術的に粗いところがある。即興性が高く、音楽が極端から極端に走り、そ れが常に必然性を持っているとは限らない。まるで、同一レベルのフォルテッシモと、同一レベルのピアニッシモしかないような演奏だ。彼が拳を強く叩き付け れば叩き付けるほど、音が飽和し、音楽が単調になっていく。曲のデモーニッシュな一面を捉えてはいるので、この演奏を未熟とかとかいう言葉で片付けるべき ではないと思う。だが、聴いていてひどく疲れ、しまいには止めたくなるような演奏。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Fazil Say (2001/4, Teldec):ファジル・サイ

非常に鋭い打鍵。異常に金属的で耳障りな音 は綺麗とは言いがたい。リズムやタッチは自在で、楽譜から著しく逸脱している。楽譜に無いオクターヴ、チョッピーなタッチ、アクセントなどが次々に登場す る。叙情的な箇所は感情豊かに歌われている。スタジオ録音である一方、ライヴの空気がある演奏で、一気呵成の迫力がある。解釈にも即興性が強く、そのせい か細部の処理には粗い箇所がある。Allegro Energico come primaのスピード感と迫力はなかなか。331小節アンダンテ・ソステヌート。装飾的な音型における急激なテンポ変化は恣意的で無理がある。一方で壮大 になるとこ ろは左手の打鍵のタイミングをずらしつつ、大変スケール大きく歌っていて感動的。フガートはやはり金属的で乾いた音色。最初の部分と同様、さまざまな改変 を行っている。表現主義に基づく試みなので、それなりの成功を収めているが、場所によっては弾き飛ばされているように聴こえる箇所もある。
美点としては、強烈な表現主義的手法が自己顕示に陥らずに、一定の説得力を持って響いていること。弱点としては、細部の粗さと、ピアノの音が汚いことだろ う。ざらついたダイヤの原石のような魅力を持つピアニストの録音ではある。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C: Arnaldo Cohen (2003, BIS):アーノルド・コーエン

音にキレがあり、輝かしい。技術的にも優れている。比較的ストレートに弾いており、あまり粘ってはいないが、フレーズの緊張感はよく保たれている。曖昧さ の無い、クリアな弾き方をしている。125小節dorce con graziaからもすっきりとしたロマンティシズム。強弱、奏法のメリハリは大きくつけていない。全体的な統一感はある。アンダンテ・ソステヌートもあく まで清澄。フガートは中庸のテンポで羽毛のようなリズムが心地よい。全体的に、デモーニッシュではないが、知情意のバランスがとれており、流麗で高貴さを 感じさせる演奏。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C:  Yundi Li (2003, DG):ユンディ・リ

明快でスタイリッシュ、ピアニスティックな 演奏。冒頭から気合の入った一撃。提示部はスポーティな快感にあふれているが、若干急ぎすぎているところもある。とは言え、劇的緊張感は見事で、表現意欲 が感じられる。雄大な箇所の歌いまわしのうまさに音楽性の高さがあらわれている。小細工をしない良い演奏だが、ピアノの音は単調で憂愁の影は薄く、良い意 味でも悪い意味でも若さを感じさせる演奏。フガートからは快速テンポで素晴らしい迫力。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D:  David Fray (2006, ATMA):デヴィッド・フレイ

穏健路線。おそらくここで新しい試みを行っ たおうとしたのだろう。全曲を柔らかい音で抑えた音量で弾く、というアプローチをとっている。理知的な演奏で、細部まで丁寧に弾かれている。ただ、音色は 変えておらず、メリハリはついていない。正確でゆったりした演奏は心地が良いが、若干緩んだ空気が漂う。標題音楽の要素はなく、どちらかというと古典音楽 のおもむきがある。フガートも生気がない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


E:  Polina Leschenko (2007, Avanti Classic):ポリーナ・レスチェンコ

過激なまでに弾き崩されていて、その崩し方 に音楽的な必然性が全く感じられない。叙情的な箇所の表情はなかなか美しく、柔らかな音を聴くと、彼女のショパンを聴いてみたいという気にさせられる一 方、すぐに狙い過ぎのルバートの登場がその考えを打ち消し、意味不明なスタッカートで笑い出したくなる。この曲をあまりに弾きすぎて、退屈して違うことを やりたくなったのかもしれないが、若さ故の自己顕示ばかりを強く感じてしまう。フガート以降は特にひどく、音楽が低俗なものになってしまった。技術を持っ ているのに残念。何年も経った後、これを出した本人が聴き直して後悔するのではないだろうか。ディスコグラフィの中で最悪の演奏の一つ。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


C:  Yuja Wang (2008/7/29L, Medici TV):ユジャ・ワン

主部。急ぎすぎないテンポが良い。壮大に始 まり、少しずつテンポをあげて行く。プレストでは右手を叩きつけず、左手に重心を置いており、それがうねりを生んでいる。個々のセクションを貫く大きな アーチを感じる。フレージングも自然で、音楽の力学に沿っている。音色が多彩。Allegro energicoは急がずに丁寧に弾いている。アンダンテ・ソステヌート(331小節)もフレーズの処理が適切で、スケールの大きさが印象的。フガートも 細やかなニュアンスをつけつつ、素晴らしいリズムで開始。細部まで良く練られた演奏だが、プレスティッシモの直前で大きなミスがあり、その後、動揺したの か、音楽がそれまでの素晴らしいコントロールを失って粗くなってしまったのが惜しい。いわゆるデモーニッシュな迫力で圧倒する演奏ではないし、強烈な個性 という点では物足りないが、全体を俯瞰しつつ、適切な表現を行って行く巧みさは、過去の名匠にひけをとらない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


E: Garrick Ohlsson (2009, Naxos):ギャリック・オールソン

低音域のたっ ぷりした恰幅のよい弾きぶり。ところどころで恣意的な弾き崩しが感情とは無関係に登場する。それが唐突で必然性がないだけに気になる。柔らかい美音は魅力 的。だが、ピアノの巧いビバリーヒルズの金持ちが余興で弾いているかのような、切迫感の無さ、気取りのようなものが全編を支配している。音楽を突き詰めて いった痕跡が全く感じられない。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


D: Yuja Wang (2009, DG) ユジャ・ワン(非ブラインド・リスニング)

たっぷりとしたフレーズで始まるが、若干キレが悪く重さがある。メリハリも不十分で、なかなかエンジンが暖まらない車を運転しているかのようだ。
隅々まできちんと弾けているし、叙情的な箇所は美しく、スケールの大きさもある。普 段の彼女であれば、優れたリズム感覚の中で、フレーズのタメをしっかり作ることで音楽の緊張感を高めていくのに、ここではそういったフレーズの構築が見ら れない。そのためいつもの緊迫感が存在せず、安全運転で弾いているように聴こえる。スタジオ録音は彼女に合わないのかもしれない。

ディス コグラフィ・リストに戻る



D: Hélène Grimaud (2010/9L, DG):エレーヌ・グリモー

オーソドックスなアプローチで、古典音楽にように聴こえる。音色の変化やダイナミックレンジの大きさに乏しく、一定の明るい音で淡々と弾いてい る。それだけに安定感や全体の統一感 はあると言えるかもしれない。ペダルも多く、若干優柔不断な印象。技術的には安定しており、細部まで丁寧に弾いているのだがそれ以上のものがない。感情 の動きのようなものがほとんど感じられず、表現が表面的なものに留まっているような感じがする。フガートも至って日常的。劇的な箇所や叙情的な箇所でも、 フ レーズの中にあるべき緊張感が今ひとつで、それが技量の安定感にも関わらず、全体として平凡な、行儀が良いだけの印象に繋がっている。どれもほどほどのと こ ろで手堅く、こじんまりとしたところにおさまっている という印象。表出力の問題というよりは、問題はもっと深いレベル、つまり演奏者の内面にあるような気がする。

ディス コグラフィ・リストに戻る


D:  Marc-André Hamelin (2011L, WGBH live):マルク=アンドレ・アムラン

速めのテンポ。スポーティで流麗な演奏では あるが、同時にリズムの骨格の弱さが気になる。鋭いエッジのきいた音。細かなニュアンスをつけており、表現主義への意欲を感じる。125小節dolce con graziaからもかなり強いルバートをつけて歌っている。ただ、情念の発露があるわけではないので、デモーニッシュな雰囲気は希薄。音色の変化はあまり つけていないが、アンダンテ・ソステヌート(331小節)は柔らかい音で魅力的。420小節あたりのひそやかな夜の空気感がよい。フガートも安定。ライヴ ならではのミスは散見される。難所では技術的な理由でフレーズが設計されている感があり、そのため、場所によっては背骨のヤワな印象もある。良く考慮され た演奏というよりは、良い意味でも悪い意味でも、即興的にその場で弾かれたような印象を与える。196小節の右手の二番目の音符をGではなくG#で弾いて いる。

ディスコグラフィ・リストに戻る


E: Khatia Buniatishvili (2011, Medici TV): カティア・ブニアティシヴィリ

非常に速いテンポで始まる。暴力的で極端なアクセントと効果を狙いすぎた奏法。表現が極端から極端へと走り、あざとささえ感じさせる。153小節 cantando espressivoの弱音は魅惑的で、歌い方も美しい。叙情表現は筋が通っているのだが、劇的表現がせわしない。セクションとセクションのつなぎのテン ポ設定やフレージングが自然でないため、唐突に感じる。もう少しじっくりと歌っていれば、つなげていれば、という箇所も少なくない。

ディス コグラフィ・リストに戻る


E:  Danil Trifonov (2013/1/10L):ダリル・トリフォノフ

美音は印象にのこるが、それ以外は技術的に も音楽的にも恐ろしく普通で消極的。オーソドックスなアプローチで、いろいろな事が普通に出来ているのだが、それ以上のものがない。意思の強さや感興の高 まりが感じられず、出てくるフレーズを漫然と処理しているだけに聴こえてしまうのはなぜだろう。音楽を大きなアーチの中でビルドアップし、緊張感を保ちつ つクライマックスを作って行く、という基本的な構築能力に問題があるような気がする。あるいは曲への共感不足か。アンダンテ・ソステヌート(331小節) は美しい弱音だが、やはり細部は甘い。力強いフレーズあるべきところでも、旋律の緊張感が保てず、するりと力が抜けてしまう箇所がある。フガートもどこか 優柔不断で、どういう方向で弾こうというのかわからない。もっと踏み込みが欲しい。全体的に、リズムが微妙に甘く、それが力強さや緊張感への不満になって いるように感じた。ライブならではミスがあるのは仕方ないとして、テクニックのレベルは高いとは言えない。一例を挙げると、右手のトリルが左手の影響を受 けて粗くなる箇所がある。

ディ スコグラフィ・リストに戻る


7. 結局のところ、推薦盤は?

私個人は、今のところデ・ラローチャの ものを100を越える録音の最上位に置いている。だが、他人に薦める場合、その人が何を求めるかによって変わってくる。

初めて聴くのであれば、デ・ラローチャアラウ(1970 年版)野島。 オーソドックスで音楽的、技術的に優れており、バランスの良さが素晴らしい。ラプラントベルマン(1975年版)スロボジャニクもスタンダードになりうる演奏。

この曲について、外面的、中身が無い、といった間違ったイメージを持っている人には、1965年カーネギーホールでのリヒテルのライブ盤が良い。曲の持つ情念とエネルギーの凄 さに圧倒されることだろう。技術的な欠陥はあるものの、ソフロニツキーの 描くメフィスト的世界も印象に残る。 ただ、どちらも音質は良くない。

19世紀的なロマンチシズムを聴きたい人には、レヴィ、ホロヴィッツが一般 的。ただ、個人的な好みでは、彼らの演奏は若干グロテスクに過ぎる印象がある(ホロヴィッツの78年のライヴ録音は説得力があるが、プライベート録音のみ)。意外な選択としてクライバーンも一聴を薦め たい。ニレジハージの録音が紛失したままなのが残念。

ピアノという楽器の限界を知りたい人、真の意味での超絶技巧の演奏が聴きたい向きにはカツァリスのライブ録音になる。ややあざといところも あるが、ヴィルトオジティで他の全ての録音を圧倒している。ワ イセンベルグツイメルマンの技巧も印象に残るが、 前者は記憶違いからか間違っ た音を弾いていることがあるのと、後者は音楽的には面白みがいまひとつ無い。

しっとりとした叙情の美しさ、音楽の豊かさ に浸りたいのであれば、ラプラントだろうか。ベルマンの75年盤も良 い。ダスカリの繊細さも忘れがたい。

前衛的な感覚の演奏を求めている人には、プレトニョフの新盤かヴァサーリ。どちらも点描法的なアプローチで弾いているだけでなく、覚醒し た意識が感じられる。前衛的というほどではないが、ハフも モダンな感性が光る良い演奏。

過去の歴史的録音に興味がある人には、グリンベルグバレル。音は悪いが、表現主義が主体だった時代の自在なフレージング の妙を聴くべきである。一方、若手の中ではユジャ・ワンのライブ録音における構成 力が印象に残った。


8. 謝辞、参考文献


謝辞

かつてInternational Piano Quarterly(IPQ) の編集顧問で、ディスコグラフィの編纂にも携わったMichael Gloverより、一部の録音資料と、ディスコグラフィ資料の提供を受けた。改めてこの場を借りてお礼を言いたい。

参考文献
Liszt Sonata Companion/Gerard Carter, Wensleydale Press.
Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011), Edition Peters.
Liszt B-Minor Sonata on Record/Philip Kennikott, International Piano Quarterly (1999), Gramophone Publications Ltd.
Liszt Sonata in B-minor /Kenneth Hamilton, Cambridge University Press
Liszt Sonata in B minor for piano /Rafael Joseffy & Arthur Friedheim (1909), G. Schirmer, Inc

(2014/8)


更新情報            
Go back to Intermezzo

param>Google Translate param>