シェーンベルグの証言----





シェーンベルグ 1941年頃のニレジハージ

以下は、1935年、二十世紀最大の作曲家、アーノルド・シェーンベルグが、指揮者 のオットー・クレンペラーに宛てて書いた手紙の一部である(筆者訳)。この時期、ニレジハージは既にスラム生活に入っており、数年に一度、小さなホールや 教会などでリサイタルを開いていた。そこに亡命中のシェーンベルグが遭遇した、というわけである。魂を深く揺さぶられたシェーンベルグは、演奏を終えたニ レジハージに駆け寄り、「あなたは私が出会った中でも最大級の天才性に満ちている.....」と声をかけたという。翌日も興奮はさめやらず、以下の長文の 手紙(筆者訳)を、友人の指揮者オットー・クレンペラーに書き送った。後年、偉大な巨匠となるクレンペラーは当時、ロス・フィルの常任指揮者として、 シェーンベルグと交流があった。ニレジハージの特質についてシェーンベルグが指摘した多くの点は、ニレジハージ晩年の録音からも聴くことができる。



「今日、別のことで書いてみたい。これは、他のことを差し置いてもかまわないほど重要なことだと思っている。

昨日、私はHoffmann博士の家で一人のピアニストの演奏を聴いた。それは、とてつもないものだった。最初、私は気が進まなかったんだ。というのは、 Hoffmann博士とMaurice Zamの賛辞が、うさん臭いものに思われたからね。しかし、今となっては、私はあんな凄いピアニストは、今まで一度も耳にしたことがなかったと断言でき る。まず間違いなく、君も彼の名前を聴いたことがあるよ。アーヴィン・ニレジハージだ。あの、5歳の神童としてヨーロッパを演奏旅行し、青年期には(彼は 今33歳だ)、戦前、ドイツで演奏し、それからアメリカでコンサートを開いて、大変な成功を収めたピアニストだ。Hunecker(当時、アメリカ最高の 評論家の1人)いわく、「リストの生まれ変わり」。それはどうやら正しかったらしい。リストが、ニレジハージほど素晴らしいと仮定しての話だがね。それか ら、私が勘違いしていなければだが、彼はJudson(注)と喧嘩別れしたんじゃなかったかと思う。以降、彼は全く活動しなくなってしまった。彼は今や、 衣食にも事欠くようになってしまった。




1924 年に撮影されたシェーンベルグ(左端)とクレンペラー(左から二人目)。中央はシェルヒエンで、タバコを加えているのは、シェーンベルグの高弟、作曲家の アントン・ウェーベルン 。ちなみに、ウェーベルンは、第二次大戦後、写真のようにタバコに火を付けたところを米軍のGIに誤射され、死亡している


とにかく、私は彼についてもう少し書いてみ たい。まず、彼の演奏は私や君のそれとは全く違う。たぶん、君も彼を聴けば、私と同じく、全ての原則というものを脇においやりたくなるだろう。そんなもの は、彼にとってはどちらでもいいものなのだ。彼が演奏するのは、古い言葉で言えば、「純粋表現」だ。しかし、あんなに力に満ちた表現はいままで聴いたこと がない。君は彼のテンポにはほとんど同意できないかもしれないだろうね。君は、おそらく、彼があまりにコントラストを強調しすぎて、全体の形式を見失って いると思うかもしれない。しかし、驚いてしまうんだが、彼の方法で、彼は形式、感覚、バランスを獲得するんだ。



彼がピアノから引き出す響きは空前絶後のものだよ。少なくとも、私はあんな響きは聴いたことがない。彼がどうやってあの信じがたく、新しい音色を引き出す か、彼自身もわかっていないように思える。しかし、彼は知性的な人物で、単に無気力な「夢見る人」じゃない。そして、うるさくなることのない、充実した響 き!あんなのはきいたことがない。私もそうだったが、君も完全に圧倒されるだろう。そして、全体としても、信じられないほど独創的で、かつ確信に満ちてい るんだ。さらに、彼は33歳に過ぎず、これからもっとステージにあがるだろうし、偉大な未来が彼を待ち受けているだろう。だからこそ、彼がコンサート活動 にもう一度戻る機会を与えられることが重要だと思う。この会合をアレンジしてくれたZamとCrownも熱烈に、彼を「リストの生まれ変わり」と呼んでい る。もし、全てが私の意のままになるのなら、私は彼とすぐ契約するだろう。CrownとZahmは、私のコンサートで彼が演奏できないかともちかけてき た。でも、それは無理だ。私は今回、私の作品だけを演奏するように頼まれ続けている。それは、他人を関わらせないでくれ、という意味だととっている。それ に、私にはリハーサルをする時間がいつも足りないし、経験も不足している。それから、気も重い--------たった4回のリハーサルしかないんだから、 今回は私は自分がよく指揮している曲だけをやってみたい。でも、彼が君のコンサートで弾く、とういうのは無理かな?彼はチャイコフスキーやブラームスを弾 きそうだぞ。



君にうまく説明することができたのなら嬉しいことだ。私が信ずるに、もし君が、彼とのスタイルの違いに慣れてくれれば、それからもし、君が彼の巨大な潜在 能力を想像してくれれば、それから、もし君が彼の比類なきテクニックを知ってくれれば(まだ一度もこれに言及していなかったが)、君は正しく行動するだろ う。彼のテクニックは驚愕すべきものだよ。人は曲が難しいなんて感じないし、第一、テクニック、なんてものさえ頭に浮かばない。むしろ、それは、彼の自己 認識過程において、全ての困難を乗り越えることを可能にする、彼の純粋な意思力と言えるものだ。-----どうだね、まるで詩人みたいだろう。」






1941年のコンサートプログラム。20世紀の音楽を嫌っていたニレジハージだが、シェーンベルグのピアノ作品 Op11のみは取り上げている。筆者蔵。

厳しい審美眼を持ち、当代最高の音楽家達のサークルの中心にいたシェーンベルグが、「あんなのは聴いたことがない」と4回も繰り返しているのだから、いか に当時のニレジハージの力量が図抜けていたかがわかろうというものである。ニレジハージがシェーンベルグの運動をどう思ったかは定かではないが、歴史的事 実として、彼がクレンペラーの前で演奏したのは確かである。しかし、慧眼なシェーンベルグが前もって危惧したように、クレンペラーはニレジハージのスタイ ルを気に入ることはなかった。また、ニレジハージが楽譜を改変して演奏したことも、厳格な上にも厳格なスタイルをとることで知られるクレンペラーの気に 触った。つまりは、水と油だったのである。この出来事が、ニレジハージのキャリアに影響を及ぼすことはほとんどなかったし、ニレジハージにとっては、数あ る苦い想い出の一つでしかなかったかもしれない。しかし、パブロ・ピカソと並んで、20世紀の芸術シーンを根底から揺さぶった男から得た尊敬と讃嘆は、実 はニレジハージの人生の中で最大の勲章の一つと言えるのではないだろうか。

シェーンベルグとニレジハージの交流は、作曲家の死の直前まで続いた。それにしても、究極の前衛主義者だったシェーンベルグが、究極の浪漫派であるニレジハージの音楽と波長があったというのも面白い。

注) シェーンベルグの記憶違い。Athur Judsonはニレジハージをマネジメントしていなかった。ちなみに、Arthur Judsonは、全米中に絶大な権力を持っていたマネージャーでプロモーター。現在、小沢征爾、ハイティンク、パールマンといった世界中のアーティストを 握るColumbia Artists Management Inc.(CAMI)の前身、Columbia Concert Corporationの初代プレジデントでもある。ニレジハージの没落ぶりから、彼がJudsonのブラックリストに載ったとシェーンベルグが考えたの も無理はないし、実際、彼の名前はプロモーター間のブラックリストには載っていただろう。

Nyiregyházi Top