Go Nyiregyhazi Top

「音楽における神童の心理学-The Psychology of a music prodigy」by G. Revesz


音楽の神童の心理学」。オリジナルのドイツ語版は1913年に出版された。これは、英語版の初版本 (1925)で、しかも1974年7月19日付けのニレジハージ本人のサインが入った稀少本(筆者蔵)。


ニレジハージ少年の驚くべき聴音能力の一例。彼は、ピアノで弾かれた1と2のコードを1度聴き、その全ての音を正確に指摘した。3のコードについては、2度聴き、13音のうち、10の音を正しく指摘し、3音のみを抜かした。
実際の音を聴くとこうなる。


ニレジハージという人物は、つくづくユニークな一生を送った人である。活動のピークであるべき壮年期の記録がそっくり抜け落ちている一方、少年時代から青 年期、および、老年期の言動、演奏批評などが、ここまでメディアに克明に記録された芸術家は少ないに違いない。しかも新聞記事だけではない。少年期の彼を 分析した一冊の専門書さえ書かれているのである。

これは、G. Revesz (しばしばレベジと書かれるが、本来は巻き舌でレにアクセントを置き、レヴェッシュと発音)という研究者が、既に神童ピアニストとしてヨーロッパ中に名が 知られていた、7歳、10歳のニレジハージ少年を対象にした研究書である。題名からも分かるように、本一冊が、天才少年ニレジハージの行動、音感テスト、 記憶テストなどで埋められている。ドイツ語版は、ニレジハージが13歳の時の1916年に出版された。幼少時のニレジハージ少年が生き生きと描写されてお り、学術的価値の高さだけでなく、読みものとして面白い本である。

筆者が所持しているのは、1925年に発刊された英語の初版本で、1974年、復活後のニレジハージ本人の署名がある。著作権も切れているし、かといってこういった専門書は翻訳もされないものなので、図を引用しつつ、詳しく紹介していきたいと思う。




偏る頭脳---左3枚のパネルは、彼が7歳から11歳の時に描いた、人、机、椅子、動物の 「絵」である。特に、帽子をかぶった人物と机の描かれた真ん中のパネルだが、これが果たして、11歳の絵として真っ当なものと言えるだろうか。線の稚拙さ はもとより、立体的な視点が全くなく、まるで3-4歳児が書いたような絵である。
右は、同じ11歳の時に作曲された作品の一部で、複雑な和声を持つだけで なく、メランコリックな感情に溢れている。このコントラスト一つとってみても、彼が異常児だったことがわかる。彼はどんな精神世界にいたのだろう?


ニレジハージの幼年期について、この本に(1-9)の事が記載されている。
録されている中でも比べるものがないほど高かった、。彼の音感の正確さは、彼が機器で再現した音程の周波 数測定によっても裏付けられた。それによれば、5Hz以下の誤差で、A=448Hzに基づいた音感だったという(現在の国際基準はA=440Hzである が、この時代はA=440Hzに統一されていなかった。現在も東欧の基準ピッチは高めである)。レベジはなんともうかつにも、少年ニレジハージが使用して いたピアノのピッチを計測していなかったのだが、おそらく、A=448Hzだったのだろう。

1) 1歳になる前に歌い出す。

2) 2歳の時、歌いかけられると、それを正確な音程で繰り返した。

3) 会話能力の遅延。3歳まで話すことができなかった。絶対音感は既に備わっており、歌を聴くと、それをピアノで正確に再現した。自分でメロディを作り始めた。

4) 4歳で、耳で聴いた全ての音符をピアノで正確に再現することができ、即興も行った。本格的な作曲を始めた。

5) 5歳で、ハンガリー音楽アカデミーの教授達の前で自作を演奏。6歳でアカデミーに入学。この時までに、舟歌、葬送行進曲、結婚行進曲などを作っていた。作品数点が出版された。

6) 絶対音感の中でも、もっとも完全な絶対音感、「complete absolute pitch」を持っている、類い稀な例だった。これは、超高域から、超低音域に渡る絶対音感で、狭い音域に限定される絶対音感を「regional absolute pitch」と言う。ほとんどの絶対音感保持者は、regionalなもののみである。7歳の時に行なった音感テストの結果、ニレジハージの complete absolute pitchのレベルは、過去の文献に記

7) 同じく7歳。両手でランダムなピアノコードを鳴らした時、全ての音をききわけた。間違えた場合も、オクターブの違いだけだった。これは音を7つ,8つと増 やしても正確性は同じだった。複雑なコードを聴いた場合は、音を抜かすことがあったり、オクターヴ違いはあっても、2度聴けば間違った音を指摘することは なかった。レベジによれば、これほどの高い能力は、大人も含めて以前の記録にはみあたらないという。

8)高い思考能力をもっていた。少なくとも、そのように装うことができるほど早熟た子供だった。以下はニレジハージが、7歳の時、庭を歩きながらReveszに語った言葉である(筆者訳)。

「グ リーグは単調で、明確な筆致を持つ作曲家だよ。陰鬱な感情を表現したんだけど、これは北方の影響だね。彼は、いくつか素晴らしい曲を、素晴らしいハーモ ニーでつくった。それは稀にしか起きなかったけど。彼は、全ての楽曲では、感情を描けなかったようだね。はっきり言えば、彼の音楽は単調で、感情に欠けて るよ。」

「しかし、本当のところ、あの単調な筆致の曲は、シューマンの曲とおなじくらい、豊かに彩ら
れた感情が表現されているのかもしれないな。北方では、僕たちの属している世界とは違う、自然の調 和があるに違いない。もちろん、音楽というものは、北方だろうが、アルゼンチンだろうが、僕たちの世界と同じであるのは確かだよ。でも、(異なった)自然 の雰囲気は、北方の人間達には違う影響を与えているかもしれないな。僕たちの感情は彼らのそれとはちがうのだということなんだ。でも、そうだからと言っ て、彼らが僕らと違う、ということを言おうとしているんじゃないよ。彼らは、僕らと同じく人間であり、おなじ組織を持っているよ。でも、音楽は彼らにとっ て違う感情を呼び起こすかもしれない。だから、彼らはグリーグの音楽は単調だと言わないのに、僕らは単調だと感じてしまうんだ。」

9)非の打ち所のないようなニレジハージ少年にも欠点があった。絵である。彼の絵は、丸と線だけで対象が描かれており、立体的な視点が感じられない。これ は上手、下手というレベルではなく、もはや幼稚と形容すべきものである。ニレジハージが大人になっても靴ヒモが結べなかったとか、ネクタイが結べなかった とかいう話があって、それは彼になされた歪んだ神童教育の結果と考えられている。しかし、もしかしたら、立体的にものを把握する能力が先天的に未発達だっ たため、という可能性も否定できない。

Nyiregyhazi Top