Go back to Nyiregyházi Top


ニレジハージ、ジェームズ・サンプルと連邦音楽プロジェクト
by Kevin Bazzana (6. 2008)





大恐慌時代の終わり頃、ルーズベルト政権のニューディール政策の一環として雇用促進協会(WPA)が主催した連邦音楽プロジェクト(FMP) があった。ニレジハージとこのプロジェクトの関わりについては、私は「Lost Genius」の第十二章「Pianist for Hire」の大半を費やしている。自他ともに認めるルーズベルトの賞賛者だったニレジハージはこのプロジェクトに打ち込み、リサイタル、あるいはオーケス トラのソリストとして、ロサンジェルス地域で多くの一般公演、および教育目的の演奏会を行った。FMPからは、月に94.08ドル-少なくはあったが継続 的に給料を貰い受けていた。彼自身認めたように、彼のキャリアの中で芸術的にもっとも満足できる活動を行っていたと言える。

彼の記録に残る最初のFMPコンサートは1936年の6月19日、リストのTetentanzであった。それ以降、少なくとも1ダースもの出演が記録され ている。もっとあったかもしれない。というのも、彼は南カルフォルニアにおけるフェデラル・オーケストラの最も人気のあるソリストだったからだ。悲しいこ とに、彼はFMPのためにたった一曲の録音、それもあまり面白くもない5分の新曲
「Before the dawn」を残したのみだった。この曲は、地元の作曲家、キャメロン・オ・デー・マクファーソンによる「Deserted Garden」からのもので、1936年、Modest Altschulerとロサンジェルス・フェデラル交響楽団と一緒に録音された。

ニレジハージはFMPではAltschulerの指揮で演奏することがもっとも多かった。しかし、彼は若いアメリカ人指揮者のJames Sample (1910-1995)とも共演している。ピアノと指揮の両方の教育を受けたSampleは、地元ミネアポリスで指揮棒と教鞭の両方をとり、それからヨー ロッパに留学し、そこで指揮活動も行った(彼の師にはピエール・モントゥーがいる)。Sampleは1937年、FMPでコンサートとオペラの両方に携わ るため、ロスアンジェルスに移った。1942年、彼はメトロポリタン歌劇場とニューヨーク市歌劇場で指揮を行い、その後何十年もの間、サン・ベルナル ディーノ、ハリウッド、ロスアンジェルス、ポートランド、エリー、フォート・ウェインなどの都市で、常任ポストを歴任した。1982年、彼は指揮活動から 引退し、作曲活動と歌手を教えることに専念する。彼が死んだのは1995年である(非常に簡単ではあるが、Sampleに関してはもっとも正確な論文を掲 載しているのがウィキペディアである)。


最近、私はSample家の1人(匿名を希望している)から接触を受けた。私は彼女から、ニレジハージと彼女の父親が共演したWPA南カリフォルニア交響 楽団の二つのコンサート(どちらもロスのEmbassy Auditoriumで行われた)のプログラムを受け取った。最初のコンサートはチャイコフスキーの第一ピアノ協奏曲を含むもので、1940年のクリスマ スの日にネイティヴ・アメリカン作曲家協会によって主催された。ロサンジェルス・タイムスの批評家イザベル・モース・ジョーンズ曰く、ニレジハージは「と てつもない神童で、彼は聴衆を興奮させる能力を全く失っていない。」

彼女は続けている
「ニ レジハージ(のタッチ)はピアノに酷烈なものだったが、彼の劇的センスとリズムコントロールは、聴衆と彼を一心同体とさせるものだった.....。聴衆は 全ての楽章間で拍手、多くのものは立ちあがってブラーヴォを叫び、そして最後に二つのアンコールを要求した。イヴニング・ヘラルド・エクスプレスのカー ル・ブロンソンは、「ニレジハージは聴衆を喝采の渦へと巻き込んだ」とし、彼の演奏は偉大な19世紀のピアニスト、アントン・ルビンシュタインを彷彿とさ せるとした。そしてブロンソンは、「この恐るべき技術を持つ巨匠は、情熱的な激情を彼の芸術に注入、聴衆を驚愕させた」とつけ加えた。

もう1つの共演は、1941年11月11日で、リストの二つの大きなピアノ=オーケストラ作品だった。ニレジハージが10代から得意にしていたピアノ協奏 曲第二番と、Totentanzである。これが、ニレジハージのFMPコンサートの最後のものであった(全てのWPAもすぐに停止された)。さらに、これ は彼がオーケストラと行った最後のコンサートでもあった。彼はこの後46年も生きたのであるが。(実は、二人の共演はもう1つある。1937年12月17 日、パサデナ交響楽団とのものだ。これに関しては、Samleが二つのオーケストラ作品を指揮したが、チャイコフスキーの協奏曲でニレジハージに加わった のはAltschulerだった。)

悲しいことに、FMPの最初の2年間にSampleは600もの録音を残したというのに、そしていくつかのFMPコンサートはStandard Hourのような番組を通じて、西海岸でラジオ放送されていたというのに、ニレジハージとの共演を記録した録音は日の目を見ていないのである(ニレジハー ジが1936年のFMPコンサートで弾いたリストのピアノ協奏曲第一番のStandard Hour放送のアセテート盤は、確かに一度は存在したし、そしておそらく存在している。それがどこかはわからないのだが)。


1992年、82歳になったSampleは、家族とのインタビュー録音で、彼のキャリア(ニレジハージとのそれも含めて)を振り返っている。

アーヴィン・ニレジハージは有名なハンガリーのピアニストで、一時はパデレフスキーの比類なきライヴァルだった。大変な経歴の持ち主でもあった。彼は素晴 しいピアニストだったが、非常に変わった男でもあったよ。彼は特にリストを弾いた時、非常に重厚なタッチで弾いていたために指から出血するほどだった。覚 えているのは、初めて私と演奏した時のことだ。ステージから下りて「おはよう」と言ったんだ。彼は指に絆創膏を撒いていたものだから、「一体全体どうした んだい?」と訊いてみた。すると彼が言うには、「ああ、指から出血した時に鍵盤が滑らないように守っているんだ」。彼は一時は本当に有名だったね。彼がリ ストの協奏曲を弾くたびに、ホールは満杯になったものだよ。だいぶ後になって、彼は再発見された。私はたぶん
ニレジハージの録音をいくつか持っているよ。彼は自分が何をやっているかわかっていたし、我々も素晴しくうまくやっていた。

残念なことに、Sampleが「録音のいくつか」で彼の記憶を補完してくれることはなかった。もし見つかっていたら、疑いもなく魅惑させてくれるだろうに。


Kevin Bazzana


Go back to Nyiregyházi Top