Nyiregyházi Top

アーティスト、ニレジハージを語る





君はさすらい人のように弾いたね。

--------ジャコモ・プッチーニ, 作曲家、1912年 (1)



天才だ。

---------フランツ・レハール、作曲家、1912年 (1)



ニレジハージかい?彼は鍵盤でなんでもできてしまうよ。

----------エルンスト・フォン・ドホナーニ, 作曲家/指揮者/教師、1910年代初頭 (1)


(少年ニレジハージがとあるパッセージをこなした瞬間、思わず)「ブラーヴォ!」

---------モーリッツ・ローゼンタール、ピアニスト(リストの高弟)、1915年 (1)



私が耳にした中でもっとも偉大な天才だ。なぜ、12歳の子供がこれほど見事に音楽を理解できるのか。

-------ジグムント・フォン・ホイゼッガー、指揮者、1915年 (1)



リスト以来、こんな演奏を耳にしたことがない。

--------フレデリック・ラモンド、ピアニスト(リストの高弟)、1916年 (1)



リスト以来、最大のピアノの才能。

----------マーティン・クラウセ、リストの高弟でクラウディオ・アラウの師、1917年 (1)



(リストの協奏曲のリハーサル時、ゆったりと弾き始めたニレジハージに驚き)そんなに遅くかね?

----------アルトゥーロ・ニキシュ、指揮者、1918年 (1)



自分にはこの少年の演奏がいいとか悪いとか決めることができない。

-------セルゲイ・ラフマニノフ、作曲家/ピアニスト、1920年、カーネギーホールにて (1)



確実に言えることは、このシーズンで聴くことのできた、ニレジハージ氏によるバッハ=リストの幻想曲とフーガの冒頭の演奏以上に、ピアノ演奏というものが巨大で圧倒的だったことはなかった、ということだ。

--------ディームズ・タイラー、作曲家、1923年 (1)



(演奏を終えたニレジハージに)あなたは私の知る最大の天才だ。

------アーノルド・シェーンベルグ、作曲家、1935年 (1)



Hunecker (当時、アメリカ最高の評論家の1人)いわく、「リストの生まれ変わり」。それはどうやら正しかったらしい。リストが、ニレジハージほど素晴らしいと仮定 しての話だがね。.........彼がピアノから引き出す響きは空前絶後のものだよ。少なくとも、私はあんな響きは聴いたことがない。

------アーノルド・シェーンベルグ、作曲家、クレンペラーへの手紙、1935 (1)



(Desmar盤を聴いて)幻想的だ。

--------ギャリック・オールソン、ピアニスト、1974年 (1)



(Desmar盤を聴いて)これほど完全かつ見事に弾かれたものはいまだかつて聴いたことがない。

-------ジュローム・ローズ、ピアニスト、1974年 (1)



(Masterworksのリスト集について)馬鹿げた代物さ。

------アール・ワイルド、ピアニスト、1978年 (1)



(Masterworksのリスト集について)アマチュア、ジョークだね。

--------ウラディミール・アシュケナージ、ピアニスト、1978年 (1)



(Masterworksのリスト集について)彼は50年間練習せず、そしてするべきだったように聴こえる。

-----------アビー・シモン、ピアニスト、1978年 (1)



40 年経った今でも、(ベートーヴェンの第32番ソナタ)第一楽章の巨大な演奏、ピアノに端座したニレジハージの巨大な力を覚えている。そして、滑らかな皮膚 に浮き出た青い血管を持つ、白くほっそりした手から繰り出された、哲学的な美しさに満ちた第二楽章を覚えている...........(自らに霊感を与え た)稀有の存在は、登場した順番に、ニレジハージ、ホロヴィッツ、カペル、そしてカラスだ。ニレジハージが最初だった。彼の与えた印象はあまりに偉大だっ たために、40年たった今でも、身の内に戦慄が残っているほどだ。

------レイモンド・レーヴェンタール、ピアニスト、1978年 (1)



(ホテルオークラでの演奏会を聴いた後)頭おかしいんじゃないか。

-----------武満徹、作曲家、1982年 (1)




(レコーディング・エンジニアに「ニレジハージスタイルで弾いてくれ」と余興で頼まれて)

グールド「(笑)彼のスタイルは研究したことがないよ!」
エンジニア「彼のレコードをいくつか送ろう」
グールド「(笑)ノー、ノー。もう持っているよ。だから研究していないのさ!」


-----------グレン・グールド、ピアニスト、1982年 (6)




..............表 現も完全に主観的である。彼は作品を弾いているのではない。その作品を道具にして、自分の音楽、自分の感情を語りかけてゆくのだ。そこにはもはやニレジ ハージしか存在しない。指がもう思うように動かないこともあるのか、テンポは非常に遅くリズムも徹底的に崩される。ffの音色は決して綺麗とは言えない が、それにしても左手の強打はうなりを発するほどもの凄く、右手の清らかなpが対比される。表現力は抜群である。僕としては無条件に彼の演奏を謳歌するも のではないが、スケールの小さい機械主義に陥った現代、ニレジハージが騒がれるのも十分うなずけるのである。すっきり弾かれたグリーグなど無比の美しさで あった。

------------宇野功芳、評論家/指揮者、1982年 (2)



アー ヴィン・ニレジハージは有名なハンガリーのピアニストで、一時はパデレフスキーの比類なきライヴァルだった。大変な経歴の持ち主でもあった。彼は素晴しい ピアニストだったが、非常に変わった男でもあったよ。彼は特にリストを弾いた時、非常に重厚なタッチで弾いていたために指から出血するほどだった。覚えて いるのは、初めて私と演奏した時のことだ。ステージから下りて「おはよう」と言ったんだ。彼は指に絆創膏を撒いていたものだから、「一体全体どうしたんだ い?」と訊いてみた。すると彼が言うには、「ああ、指から出血した時に鍵盤が滑らないように守っているんだ」。彼は一時は本当に有名だったね。彼がリスト の協奏曲を弾くたびに、ホールは満杯になったものだよ。だいぶ後になって、彼は再発見された。私はたぶんニレジハージの録音をいくつか持っているよ。彼は 自分が何をやっているかわかっていたし、我々も素晴しくうまくやっていた。

--------ジェームズ・サンプル, 指揮者/作曲家、1992年(7)



彼 はとても変な奴だった。神童で、気違いじみていて、そして素晴しい天才だった。 1920年代か30年代、ブダペストで彼を聴いた。彼はリストの「Totentanz」を弾いた。易しい小品じゃない。はっきり覚えているのは、変奏曲の 一つにもの凄く速いフォルテッシモのパッセージがあるんだが.......自分たちは違う指をつかってなんとかやるような箇所だ。しかし、彼はまるでアス ファルトを掘るかのように、杭を打ち込むみたいに一本指で演奏した。信じられないようなパワーとエネルギーでね。それはもの凄いものだったよ。

---------ジョルジュ・シャンドール、ピアニスト、2000年代(5)



ニ レジハージの芸術を判断するのは簡単ではない。なぜなら、残っている録音は彼の最後の年月になされたものばかりだから だ。................もし人が森を見、そして朽ち果てた樹々を無視できるのであれば、彼らは持続するフレーズ、霊感に満ちた旋律の形成、 そして戦慄を伴うイメージを励起させる、圧倒されるような響きを持つ音楽に引き込まれざるを得なくなるだろう。

--------アントン・クェルティ、ピアニスト、2007年(3)



マンチェスターの学生時代、Masterworks盤に収められた「Les Cypres de la Villa d'Este」のニレジハージによる最初の数小節を、耳、心、そして口を開け放して聴いたことを覚えている。驚愕し、深い霊感に満ちたものと感じたものだ

---------スティーヴン・ハフ、ピアニスト、2007年 (4)




参考
(1) Lost genius, Kevin Bazzana
(2) 音楽の友、1982年3月号
(3) Toronto Globe and Mail, 3/17/7
(4) Kevin Bazzanaに宛てられたメッセージから。
(5) http://www.pianoworld.com/ubb/cgi-bin/ultimatebb.cgi?ubb=get_topic;f=12;t=000092;p=0
(6) ブラームス「ラプソディ、バラード集」セッションのテープより、1982年
7) fugue usに寄せられたKevin Bazzanaの寄稿文

Nyiregyházi Top